ごあいさつ

トップページ > ごあいさつ

メニュー

千葉大学社会精神保健センター センター長 ごあいさつ

 本センターは平成17年4月に新設された司法精神保健に関する教育・研究を行う施設です。近年、精神障害者または精神障害が疑われる者による犯罪についての関心が高まってきており、その対策について検討されてきております。しかし、この問題は司法と医療に跨るものであり、また精神障害者の人権と被害者及びその家族の人権や感情にも十分配慮していかなければならない問題です。本センターはこの問題について、法学や精神医学、社会福祉学、教育学、神経科学など多角的な視点と科学的視点から研究を行うとともに、その専門家を育成するものです。

 法システム研究部門では、国内外の法制度とその現状及び問題点について調査研究を行い、法学的視点、精神医学的視点、社会福祉学的視点から中立的、客観的な評価とその問題への解決策を研究し、さらに司法精神保健に関する教育・研修を行っております。

 病態解析研究部門では、診断と病態解析等についての精神医学的研究及び神経科学的研究を行い、さらに精神鑑定方法や精神障害者に関する生物学的研究法についての教育・研究を行っております。

 非行臨床研究部門では、少年非行に関する、法システム研究、アセスメント構築、教育・矯正プログラム・社会復帰プログラムの研究・開発を行っております。教育・研修としては、少年司法・処遇関係者、児童精神科医、心理士、教育者等を対象としたものを行っております。

 治療・社会復帰支援研究部門では、心神喪失等の状態で重大な犯罪行為を行った精神障害者の治療および社会復帰支援についての実態調査及び新たな治療および社会復帰支援方法について開発研究を行うとともに、それらについての教育・研修を行っております。

センター長  伊豫 雅臣

ページトップへ