千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 教室員紹介 > 助教 今村 有佑
詳細プロフィール
助教 今村 有佑

助教 今村 有佑

Yusuke Imamura


略歴
2004年 千葉大学医学部 卒業
2004年

国立精神・神経センター国府台病院 初期研修医

2006年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 後期研修医
2007年 千葉県がんセンター 泌尿器科 医員
2009年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 医員
2012年 千葉県がんセンター 泌尿器科 医員
2013年 千葉大学大学院医学薬学府博士課程(先進医療科学専攻泌尿器科学)修了
学位(医学博士号)取得
2013年 BC Cancer Agency Genome Sciences Centre (Canada) 博士研究員
2016年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 助教
現在に至る

所属学会
・日本泌尿器科学会 (専門医)
・日本泌尿器内視鏡学会
・日本癌治療学会
・日本泌尿器分子・細胞研究会
・日本尿路結石症学会
・日本泌尿器腫瘍学会
・日本アンドドロジー学会
・Society for Basic Urologic Research(SBUR)

専門分野
・泌尿器科一般
・泌尿器腫瘍学

受賞
・2013年 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科同門会学術奨励島崎賞

科学研究費
・科学研究費助成金 若手研究スタート支援 平成28年 - 平成29年度
・科学研究費助成金 若手(B) 平成29年度 - 平成31年度

主な研究テーマ
・前立腺癌における新規薬剤の解明

最近の主な論文
Banuelos CA, Tavakoli I, Tien AH, Caley DP, Mawji NR, Li Z, Wang J, Yang YC, Imamura Y, Yan L, Wen JG, Andersen RJ, Sadar MD. J Biol Chem. 2016 Aug 30. Sintokamide A is a Novel Antagonist of Androgen Receptor that Uniquely Binds Activation Function-1 in its Amino-Terminal Domain.

Imamura Y, Tien AH, Pan J, Leung JK, Banuelos CA, Jian K, Wang J, Mawji NR, Fernandez JG, Lin KS, Andersen RJ, Sadar MD. JCI Insight. 2016 Jul 21. An imaging agent to detect androgen receptor and its active splice variants in prostate cancer.

Imamura Y, Sadar MD. Int J Urol. 2016 Jun 14. Androgen receptor targeted therapies in castration-resistant prostate cancer: Bench to clinic.

Kato M, Banuelos CA, Imamura Y, Leung JK, Caley DP, Wang J, Mawji NR, Sadar MD. Clin Cancer Res. 2015 Dec 28. Cotargeting Androgen Receptor Splice Variants and mTOR Signaling Pathway for the Treatment of Castration-Resistant Prostate Cancer.

Namekawa T, Fukasawa S, Komaru A, Kobayashi M, Imamura Y, Ohzeki T, Takagi K, Sato Y, Akakura K, Ichikawa T, Ueda T. Int J Clin Oncol. 2015 Dec;20(6):1185-91.  Prospective evaluation of the safety of transrectal ultrasound-guided transperineal prostate biopsy based on adverse events.

Utsumi T, Suyama T, Imamura Y, Fuse M, Sakamoto S, Nihei N, Ueda T, Suzuki H, Seki N, Ichikawa T. J Urol. 2014 Aug;192(2):567-74. The association of CXCR3 and renal cell carcinoma metastasis.

Imamura Y, Kawamura K, Sazuka T, Sakamoto S, Imamoto T, Nihei N, Suzuki H, Okano T, Nozumi K, Ichikawa T. Int J Urol. 2013 Jun;20(6):616-21.  Development of a nomogram for predicting the stone-free rate after transurethral ureterolithotripsy using semi-rigid ureteroscope.

Imamura Y, Sakamoto S, Endo T, Utsumi T, Fuse M, Suyama T, Kawamura K, Imamoto T, Yano K, Uzawa K, Nihei N, Suzuki H, Mizokami A, Ueda T, Seki N, Tanzawa H, Ichikawa T. PLoS One. 2012;7(8):e42456. FOXA1 promotes tumor progression in prostate cancer via the insulin-like growth factor binding protein 3 pathway.

Ueda T, Imamura Y, Komaru A, Fukasawa S, Sazuka T, Suyama T, Naya Y, Nihei N, Ichikawa T, Maruoka M. Int J Urol. 2010 Sep;17(9):811-5.  Treatment outcomes of sorafenib for first line or cytokinerefractory advanced renal cell carcinoma in Japanese patients.

Suyama T, Ueda T, Fukasawa S, Imamura Y, Nakamura K, Miyasaka K, Sazuka T, Egoshi K, Nihei N, Hamano M, Ichikawa T, Maruoka M. Jpn J Clin Oncol. 2009 Apr;39(4):244-50.  Combination of gemcitabine and paclitaxel as second-line chemotherapy for advanced urothelial carcinoma.


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.