千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 教室員紹介 > 助教 布施 美樹
詳細プロフィール
助教 布施 美樹
Miki Fuse

略歴
2004年 山形大学医学部卒業
2004年 千葉大学医学部附属病院 初期研修医
2005年 国立千葉医療センター 初期研修医
2006年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 後期研修医
2007年 船橋市立医療センター 泌尿器科 後期研修医
2009年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 医員
2012年 千葉大学大学院医学薬学府博士課程(先進医療科学専攻泌尿器科学)修了
学位取得
2012年 獨協医科大学病院 排泄機能センター 助教
2014年 千葉大学医学部附属病院 泌尿器科 助教(現在に至る)

所属学会
・日本泌尿器科学会(専門医)
・日本排尿機能学会
・International Continence Society
・日本小児泌尿器科学会
・日本癌学会
・受精着床学会

専門分野
・排尿機能(前立腺肥大症、神経因性膀胱、女性泌尿器科、間質性膀胱炎、夜尿症)
・泌尿器科腫瘍学(前立腺、副腎)
・尿路結石

研究課題
・前立腺癌における新規分子ネットワークの解明
・間質性膀胱炎の発症メカニズムの解明

受賞など
・2012 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科同門会学術奨励島崎賞(基礎)
・2012  European Association of Urology “ Best poster”
・2013  日本アンドロロジー学会学術奨励賞(基礎部門)
・2014 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科同門会学術奨励島崎賞(基礎)

科学研究費(研究代表者)
・若手研究(B)
 「癌抑制マイクロRNA−145が制御する前立腺癌における新規分子ネットワークの解明」
 2012−2013年

最近の主な論文
Tumor suppressive microRNAs (miR-222 and miR-31) regulate
molecular pathways based on microRNA expression signature in prostate cancer. 2012 J Hum Genet. 57:691-699.
Fuse M, Kojima S, Enokida H, Chiyomaru T, Yoshino H, Nohata N, Kinoshita T, Sakamoto S, Naya Y, Nakagawa M, Ichikawa T, Seki N
Restoration of miR-145 expression suppresses cell proliferation,
migration and invasion in prostate cancer by targeting FSCN1 
Fuse M, Nohata N, Kojima S, Sakamoto S, Chiyomaru T, Kawakami K, Enokida H, Nakagawa M, Naya Y, Ichikawa T, Seki N.
Int J Oncol. 2011 Apr;38(4):1093-101.
Nocturia Quality-of-Life questionnaire is a useful tool to predict nocturia
and a risk of falling in Japanese outpatients: a cross-sectional survey.
Yamanishi T, Fuse M, Yamaguchi C, Uchiyama T, Kamai T, Kurokawa S, Morita T.
Int J Urol. 2014 Mar;21(3):289-93.
The tumor-suppressive microRNA-143/145 cluster inhibits cell migration
and invasion by targeting GOLM1 in prostate cancer.
Kojima S, Enokida H, Yoshino H, Itesako T,  Chiyomaru T, Kinoshita T, Fuse M, Nishikawa R, Goto Y, Naya Y, Nakagawa M, Seki N
J Hum Genet. 2014 Feb;59(2):78-87.
FOXA1 promotes tumor progression in prostate cancer via the insulin-like
growth factor binding protein 3 pathway.
Imamura Y, Sakamoto S, Endo T, Utsumi T, Fuse M, Suyama T, Kawamura K, Imamoto T, Yano K, Uzawa K, Nihei N, Suzuki H, Mizokami A, Ueda T, Seki N, Tanzawa H, Ichikawa T.
PLoS One. 2012;7(8):e42456.
Tumor suppressors miR-1 and miR-133a target the oncogenic function of
purine nucleoside phosphorylase (PNP) in prostate cancer 
Kojima S, Chiyomaru T, Kawakami K, Yoshino H, Enokida H, Nohata N, Fuse M, Ichikawa T, Naya Y, Nakagawa M, Seki N 
Br J Cancer. 2012 Jan 17;106(2):405-13.
SWAP70, actin-binding protein, function as an oncogene targeting tumor-suppressive miR-145 in prostate cancer.
Chiyomaru T, Tatarano S, Kawakami K, Enokida H, Yoshino H, Nohata N, Fuse M, Seki N, Nakagawa M.
Prostate. 2011 Feb 25. [Epub ahead of print]
miR-1 as a tumor suppressive microRNA targeting TAGLN2 in head and neck squamous cell carcinoma 
Nohata N, Sone Y, Hanazawa T, Fuse M, Kikkawa N, Yoshino H, Chiyomaru T, Kawakami K, Enokida H, Nakagawa M, Shozu M, Okamoto Y, Seki N.
Oncotarget. 2011 Jan-Feb;2(1-2):29-42.


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.