千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
入局・研修をご希望の方
新教室員募集
当教室について
研修内容について
研修終了後の進路について
医員(後期研修医)の採用について
医員の生活について
研修医の1週間
先輩からのメッセージ
泌尿器科医を目指す女性へのエール
泌尿器科通信
留学生便り
後期研修の1年目を終えて
医学部・自主研究ユニットを終えて
見学・研修のお申し込み
入局・研修に関するお問い合わせ

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 入局・研修をご希望の方 > 医学部・自主研究ユニットを終えて
医学部・自主研究ユニットを終えて

 泌尿器科学教室では、毎年医学部4年時に行われる「自主研究ユニット」で学生さんを受け入れています。
〔ユニットの概要〕
医学の基盤となる基礎医学および臨床医学の先端的または応用的研究に触れると共にそれらの実験科学を自ら実践することによって、科学的思考法を身につけ、実験研究の成果から仮説を導くという過程を経験することで学問体系構築の道筋を理解して、将来の独自の研究領域構築に資する。希望した基礎系、臨床系教室に配属し、自ら研究を行う。(医学部シラバスより抜粋)

 毎年積極的な学生さんから大いに刺激を受けています。興味をお持ちの方は、泌尿器科研究室をいつでものぞきにいらして下さい。

岩田 裕子 Yuko Iwata
2007年度入学

 自主研究配属先を選ぶ際、正直なところ泌尿器科とはどんな科なのかよく知りませんでした。臨床系の教室がいいかなと思いホームページを見ている中で、泌尿器科は外科系診療科でありながら内分泌学、生理学、神経学、生殖学など広く内科学的な知識も必要で、1つの疾患すべてを網羅することができるという特徴のある科と知り、興味を持ちました。

 期間中、数系列の前立腺癌細胞を対象として細胞培養、各種薬剤を用いた細胞障害実験、薬剤投入後抽出タンパクのウェスタンブロットによるリン酸化抑制の分析等の実験を行いました。勉強不足で知識が足りない中ではありましたが、色々教えて頂きながら、得られた結果の意味を考え、予想される結果が得られなかったらその原因を探り、その後の実験内容を検討し繰り返し実験を行う過程は、本当に楽しかったです。

 市川教授はお会いするたび優しく声をかけて下さり、指導医の坂本先生には臨床と研究で大変お忙しい中常に気遣って頂き、秘書・技師の皆さまもとても親切で、教室は本当にあたたかい雰囲気でした。あまりの居心地のよさから、自分の実験の手があいた時間にも、他の方の実験を見学したりお手伝いさせて頂いたりするのもとても楽しく、つい教室に足が向いてしまう毎日でした。

 失敗や邪魔ばかりしてしまったと思いますが、嫌な顔など全くせずお忙しい中親切に多くのことを教えて下さった教室の皆さまに心から感謝しています。この度は、貴重な勉強の場を提供して頂き本当にありがとうございました。



一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.