千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
患者様用当科診療案内
外来診療案内
診療内容
泌尿器科の疾患
前立腺癌
体腔鏡手術の特徴
副腎腫瘍
尿路結石症
感染症
精巣腫瘍
腎癌
腎盂尿管癌
膀胱癌
診療に関するお問い合わせ
患者の皆様へ

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 患者様用当科診療案内 > 泌尿器科の疾患 > 体腔鏡手術の特徴
体腔鏡手術の特徴
体腔鏡手術は、3箇所から5箇所、約1.5cmの穴を体に開け、そこから、内視鏡と手術器具を挿入し、手術をするものです。

1.傷が小さいため、術後の痛みを減らし、術後の回復が早い。
2.内視鏡下で拡大した視野に細かいところまで観察しながら、手術が施行できる。

という利点があります。

当科における体腔鏡手術の症例数

 千葉大学医学部泌尿器科では1994年より体腔鏡手術を開始し、これまで多くの体腔鏡手術を実施して参りました。
 その内訳は以下の通りです(2000年4月以降、2009年5月まで)。

術 式 症例数
体腔鏡下副腎摘除術 275
体腔鏡下腎および尿管の悪性腫瘍手術 151
体腔鏡下腎盂形成術 22
体腔鏡下前立腺全摘術 57

また、実習施設による研修も定期的に施行し、技術の普及、研鑽に努めています。


手術の様子
手術風景 3D-CTにより術前イメージの1例

腹腔鏡手術の道具の1例
クリップ クリップ先端
トロッカー 凝固切開装置

一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.