千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
患者様用当科診療案内
外来診療案内
診療内容
泌尿器科の疾患
前立腺癌
体腔鏡手術の特徴
副腎腫瘍
尿路結石症
感染症
精巣腫瘍
腎癌
腎盂尿管癌
膀胱癌
診療に関するお問い合わせ
患者の皆様へ

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 患者様用当科診療案内 > 泌尿器科の疾患 > 副腎腫瘍について
副腎腫瘍について


原発性アルドステロン症

原発性アルドステロン症は副腎から分泌されるアルドステロンの過剰分泌により起こります。実は、高血圧の患者の10%がこの疾患によることがわかってきました。若年性の高血圧、また降圧剤でなかなか血圧が下がらない方は、内分泌の専門医の受診が必要です。脳出血や心血管合併症が多いことが特徴です。


クッシング症候群

クッシング症候群はステロイドホルモンの分泌過剰による体幹部優位な肥満、満月様顔貌、皮膚線状、多毛を特徴とし、高血圧、糖尿病の原因となります。下垂体由来の場合と、副腎由来の場合があります。


褐色細胞種

褐色細胞腫は副腎髄質由来の腫瘍でカテコールアミンの分泌過剰により、高血圧、高血糖、発汗、頭痛、動悸等を呈します。代謝が亢進するため、やせていることが多いです。



一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.