千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
患者様用当科診療案内
外来診療案内
診療内容
泌尿器科の疾患
前立腺癌
体腔鏡手術の特徴
副腎腫瘍
尿路結石症
感染症
精巣腫瘍
腎癌
腎盂尿管癌
膀胱癌
診療に関するお問い合わせ
患者の皆様へ

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 患者様用当科診療案内 > 泌尿器科の疾患 > 感染症について
感染症について
1. 腎盂腎炎

尿管結石、膀胱尿管逆流症などの原因があることもありますが、特に原因なく、起こることもあります。背部の12肋骨の下を叩くとなかにひびくような痛みが特徴的です。38度以上の高熱を認め、入院が必要なことが多い疾患です。


2. 前立腺炎

慢性のものは、下腹部痛、頻尿、残尿感、排尿時痛などの排尿症状を呈します。急性のものは、それらの症状に加え、38度以上の高い熱がでます。抗生剤にて加療しますが、入院が必要なことが多いです。


3. 精巣上体炎

精巣上体の炎症で、陰嚢痛と院嚢の発赤を認め、38度以上の熱がでます。これも抗生剤で治療しますが、入院が必要なことが多い疾患です。


4. 膀胱炎

膀胱炎は頻尿、排尿時痛、血尿を主訴とし、女性に多く見られます。熱がでることはありません。


5. 尿道炎

性行為により感染します。クラミジアや淋菌によるものが多いですが、性行為の多様化により、広がっています。また薬剤耐性菌が増えていることも問題です。


6. 急性陰嚢症

精索捻転、精巣垂捻転、急性精巣上体炎など、急激な陰嚢の痛みを呈する疾患の総称です。精索捻転は第2次性徴期より見られることが多く、診断が遅れると、精巣が壊死を来し、萎縮を招くため、この疾患が疑われた際には、手術を施行し、確定診断を得るとともに、精巣固定術を行います。子どもは下腹部の痛みとして、訴えることも多いため、下腹部痛を訴える際には陰嚢を触診することが大切です。



一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.