千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
患者様用当科診療案内
外来診療案内
診療内容
泌尿器科の疾患
前立腺癌
体腔鏡手術の特徴
副腎腫瘍
尿路結石症
感染症
精巣腫瘍
腎癌
腎盂尿管癌
膀胱癌
診療に関するお問い合わせ
患者の皆様へ

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 患者様用当科診療案内 > 泌尿器科の疾患 > 腎盂尿管癌について
腎盂尿管癌について
 通常、血尿を主訴に発見されます。腫瘍が尿路を閉塞するため、腫瘍がある側の側腹部痛、背部痛を来すこともあります。尿の細胞診検査、膀胱鏡検査、CT、MRIといった画像診断に加え、尿管鏡検査にて確定診断がなされます。
 限局した病変で早期のものであれば、尿管鏡によるレーザー治療や腫瘍切除術も選択肢となります。従来は開腹手術が成されていましたが、徐々に、腹腔鏡下に腎尿管全摘術が選択されるようになりました。千葉大では現在、ほとんど腹腔鏡下に成されています。千葉大における2002年以降の手術例の生存率を示します。全体の疾患特異的5年生存率は76.1% です(下図)。腫瘍のの深さ別にみると、PT2(筋層までの浸潤)以下の群は95%と良好ですが、pT3(周囲脂肪組織までの浸潤)以上の群は41.5%と生存率の低下を認めるため、生存率を改善するために抗がん剤による治療の追加が望まれます。また、膀胱に再発を来すことがあり、術後に定期的な膀胱鏡の検査が必要です。

手術を施行した腎盂尿管癌の疾患特異的生存率

 一方、癌が進行し、すでに転移を有するものには、膀胱癌と同様に抗がん剤による治療や放射線療法が選択されます。手術療法は抗がん剤による治療、放射線療法といった他の治療法との組み合わせのなかで、選択されます。下図に当院での治療成績をお示ししますが、転移を有するものでも、集学療法を行うことで、50%生存期間は22ヶ月と予後の改善が見られます。また、疼痛緩和治療も同時に行い、生活の質を落とすことなく、生存の延長を目指しています。
 抗がん剤の治療は従来より標準療法として、MVAC(メソトレキセート、ビンブラスチン、アドリアマイシン、シスプラチン)療法が成されてきましたが、最近、副作用が少なく、ほぼ同等の効果を有するGC(ゲムシタビン、シスプラチン)療法が行われるようになりました。

転移を有する腎盂尿管癌の疾患特異的生存率


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.