千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
研究業績一覧
2004年度教室業績
2005年度教室業績
2006年度教室業績
2007年度教室業績
2008年度教室業績
2009年度教室業績
2010年度教室業績
2011年度教室業績
2012年度教室業績
2013年度教室業績
2014年度教室業績
2015年度教室業績
2016年度教室業績

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 2007年度教室業績
2007年度教室業績
英文原著
1 Imamoto TReply to Abraham Morgentaler's Letter to the Editor re: Masashi Yano, Takashi Imamoto, Hiroyoshi Suzuki et al. The Clinical Potential of Pretreatment Serum Testosterone Level to Improve the Efficiency of Prostate Cancer Screening. Eur Urol 2007 39228;52(1):293-4
2 Takashi Imamoto, Yukihiro Kondo, Ichiro Matsuzawa, Tshutomu Hamasaki, Yasutomo Suzuki, Yuka Saitoh, Hiroyoshi Suzuki, Go Kimura, Tomohiko Ichikawa, Kazuhiro Yoshida, Taiji Nishimura. Usefulness of intensive training for lararo-scopic radical prostatectomy at an experienced institutionJpn J Endourol ESWL 2007 Oct;20(2):255-259
3 Kato T, Komiya A, Suzuki H, Imamoto T, Ueda T, Ichikawa T.Effect of androgen deprivation therapy on quality of life in Japanese men with prostate cancer.Int J Urol. 2007 May;14(5):416-421
4 Kino M, Suzuki H, Naya Y, Komiya A, Imamoto T, Ichikawa T, Tatsuno I, Ishida H, Shindo T, Seki N.Comparative genomic hybridization reveals frequent losses of 1p and 3q in benign pheochromocytomas of Japanese patients.Cancer Genet Cytogenet. 2007 Jun;175(2):169-72
5 Kakehi Y, Kamoto T, Shiraishi T, Ogawa O, Suzukamo Y, Fukuhara S, Saito Y, Tobisu K, Kakizoe T, Shibata T, Fukuda H, Akakura K, Suzuki H, Shinohara N, Egawa S, Irie A, Sato T, Maeda O, Meguro N, Sumiyoshi Y, Suzuki T, Shimizu N, Arai Y, Terai A, Kato T, Habuchi T, Fujimoto H, Niwakawa M.Prospective evaluation of selection criteria for active surveillance in Japanese patients with stage T1cN0M0 prostate cancer.Jpn J Clin Oncol. 2008 39490;38(2):122-128
6 Tatsuo Igarashi, Harufumi Makino, Toshiya Nakaguchi, Yoichi MiyakeA New Laparoscopic Syatem Designed to Electricall Track TargetsJpn J Endourol ESWL 2007 Apr;20():74-78
7 Senga Y, Ozono S, Nakazawa H, Nagamori S, Marumo K, Horie S, Onishi T, Miyao N, Nakao M, Igarashi T, Tsushima T, Hasegawa M, Murai M; Japanese Society of Renal Cancer.Surgical outcomes of partial nephrectomy for renal cell carcinoma: a joint study by the Japanese Society of Renal Cancer.Int J Urol. 2007 Apr;14(4):284-288
8 Marumo K, Kanayama H, Miyao N, Nakazawa H, Ozono S, Horie S, Nagamori S, Igarashi T, Hasegawa M, Kimura G, Nakao M, Nakamoto T, Naito S; Japanese Study Group Against Renal Cancer.Prevalence of renal cell carcinoma: a nation-wide survey in Japan, 2002.Int J Urol. 2007 Jun;14(6):479-482
このページの先頭へ

研究費
1 日本学術振興会科学研究費補助金基盤(C)
前立腺癌のホルモン抵抗性獲得の分子機構の解明とオーダーメイド医療への応用(新規)
2007〜2009 代表 鈴木啓悦
2 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
前立腺癌根治術後の予後予測因子としての新規バイオマーカーの開発と臨床応用(継続)
2005-2007年 代表 今本 敬
3 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
前立腺癌の進展・転移における基底膜分解酵素活性の分子機序の解明と臨床応用(新規)
2007〜2009 代表 神谷直人
4 日本学術振興会科学研究費補助金若手(スタートアップ)
G3、pT1膀胱癌におけるFIZ活性と悪性度との関連に関する研究(継続)
2006-2007年 代表 川村 幸治
5 厚生労働省科学研究費補助金
早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療法の確立に関する研究(継続)
市川 智彦 (分担) 内藤 誠二 九州大学
6 放射線医学総合研究所 臨床試験研究経費(2007年)
代表 市川 智彦
このページの先頭へ

受賞
1 2007年7月6日 日本アンドロロジー学会第26回学術大会アンドロロジー学会賞
限局性前立腺癌症例における、病期予測因子としての治療前血清テストステロン値の有用性
今本 敬
2 2007年10月24日 第45回日本癌治療学会優秀演題
PSA10ng/ml以下における初回前立腺生検の生検陽性率を予測ノモグラム
川村幸治
3 2007年11月28日 第21回日本Endourology・ESWL学会総会オリンパス賞
ぶれ補正ソフトを用いた3D画像の運用における有用性の検討
納谷幸男
4 2008年2月16日 第17回泌尿器科分子・細胞研究会 研究奨励賞 ポスター
センダイウイルスベクター活性化樹状細胞治療によるラット前立腺癌肺転移に対する転移抑制効果とその分子機序に関する研究
小丸 淳


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.