千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
研究業績一覧
2004年度教室業績
2005年度教室業績
2006年度教室業績
2007年度教室業績
2008年度教室業績
2009年度教室業績
2010年度教室業績
2011年度教室業績
2012年度教室業績
2013年度教室業績
2014年度教室業績
2015年度教室業績
2016年度教室業績

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 2009年度教室業績
2008年度教室業績
英文原著
1 Yamamoto-Ishikawa K, Suzuki H, Nezu M, Kamiya N, Imamoto T, Komiya A, Sogawa K, Tomonaga T, Nomura F, Ichikawa T. The isolation and identification of apolipoprotein C-I in hormone-refractory prostate cancer using surface-enhanced laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry. Asian J Androl.2009 May;11(3):299-307
2 Utsumi T, Kawamura K, Suzuki H, Kamiya N, Imamoto T, Miura J, Ueda T, Maruoka M, Sekita N, Mikami K, Ichikawa T. External validation and head-to-head comparison of Japanese and Western prostate biopsy nomograms using Japanese data sets. Int J Urol.2009 Apr;16(4):416-419
3 Tsukamoto T, Masumori N, Nakagawa H, Arai Y, Komiya A, Ichikawa T, Takei M, Yamaguchi A, Liu Y, Crane MM. Changes in prostate volume in Japanese patients with benign prostatic hyperplasia: association with other urological measures and risk of surgical intervention. Int J Urol.2009 Jul;16(7):622-7
4 Harada Y, Ueda Y, Kinoh H, Komaru A, Fuji-Ogawa T, Furuya A, Iida A, Hasegawa M, Ichikawa T, Yonemitsu Y. Cytokine-based log-scale expansion of functional murine dendritic cells. PLoS One.2009 Aug;4(8):e6674
5 Igarashi T, Suzuki H, Naya Y. Computer-based endoscopic image-processing technology for endourology and laparoscopic surgery. Int J Urol.2009 Jun;16(6):533-543
6 Endo T, Uzawa K, Suzuki H, Tanzawa H, Ichikawa T. Characteristic gene expression profiles of benign prostatic hypertrophy and prostate cancer. Int J Oncol. 2009 Sep;35(3):499-509
7 Suyama T, Ueda T, Fukasawa S, Imamura Y, Nakamura K, Miyasaka K, Sazuka T, Egoshi K, Nihei N, Hamano M, Ichikawa T, Maruoka M. Combination of gemcitabine and paclitaxel as second-line chemotherapy for advanced urothelial carcinoma. Jpn J Clin Oncol. 2009 Apr;39(4):244-250
8 Komaru A, Ueda Y, Furuya A, Tanaka S, Yoshida K, Kato T, Kinoh H, Harada Y, Suzuki H, Inoue M, Hasegawa M, Ichikawa T, Yonemitsu Y. Sustained and NK/CD4+ T cell-dependent efficient prevention of lung metastasis induced by dendritic cells harboring recombinant Sendai virus. J Immunol. 2009 Oct;183(7):4211-9
9 Komaru A, Kamiya N, Suzuki H, Endo T, Takano M, Yano M, Kawamura K, Imamoto T, Ichikawa T. Implications of Body Mass Index in Japanese Patients with Prostate Cancer Who Had Undergone Radical Prostatectomy. Jpn J Clin Oncol. 2010 40188;():
このページの先頭へ

研究費
1 日本学術振興会科学研究費補助金基盤(B)
進行性前立腺癌に対する分子マーカーの同定と癌進展の分子機構の解明(継続)
2008〜2011 代表 市川 智彦
2 日本学術振興会科学研究費補助金基盤(C)
前立腺癌のホルモン抵抗性獲得の分子機構の解明とオーダーメイド医療への応用(継続)
2007〜2009 代表 鈴木 啓悦
3 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
限局性前立腺癌における予後予測因子としての新規バイオマーカーの開発(新規)
2009〜2011 代表 今本 敬
4 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
前立腺癌の進展・転移における基底膜分解酵素活性の分子機序の解明と臨床応用(継続)
2007〜2009 神谷 直人
5 厚生労働省科学研究費補助金
早期前立腺がんにおける根治術後の再発に対する標準的治療法の確立に関する研究(継続)
市川 智彦 (分担) 内藤 誠二 九州大学
6 放射線医学総合研究所 臨床試験研究経費
2009 代表 市川 智彦
このページの先頭へ

受賞
1 2009年4月 骨粗鬆症財団 第17回研究助成金
骨関連バイオマーカー解析からみた、前立腺癌患者におけるBone Healthの疫学とオーダーメイド型の医学的予防介入
鈴木 啓悦
2 2009年10月30日 第74回日本泌尿器科学会東部総会 日本泌尿器科学会東部総会賞
体腔鏡下腎部分切除術に対する検討
荒木 千裕


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.