千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
研究業績一覧
2004年度教室業績
2005年度教室業績
2006年度教室業績
2007年度教室業績
2008年度教室業績
2009年度教室業績
2010年度教室業績
2011年度教室業績
2012年度教室業績
2013年度教室業績
2014年度教室業績
2015年度教室業績
2016年度教室業績

共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 2012年度教室業績
2012年度教室業績
英文原著
1 Tomokazu Sazuka, Yoichi Kambara, Takuro Ishii, Kazuyoshi Nakamura, Shinichi Sakamoto, Yukio Naya, Tomonori Yamanishi, Tomohiko Ichikawa,Tatsuo Igarashi. Analysis of Energy Loss Mediated by an Alpha-1 Blocker in Patients with Benign Prostatic Hyperplasia Using a Virtual Urethra Processed from an Endoscopic Video Image. Journal of Endourology. 2012 May;26(9)1216-1220
2 SHIMAZAKI J, TSUJI H, ISHIKAWA H, KAMADA T , HARADA M, AKAKURA K, SUZUKI H, ICHIKAWA T, TSUJII H. Biochemical failure after carbon ion radiotherapy for prostate cancer. Anticancer Res. 2012 Aug;32(8)3267-3274
3 Yusuke Imamura, Shinichi Sakamoto, Takumi Endo, Takanobu Utsumi, Miki Fuse, Takahito Suyama, Koji Kawamura, Takashi Imamoto, Kojiro Yano, Katsuhiro Uzawa, Naoki Nihei, Hiroyoshi Suzuki, Atsushi Mizokami, Takeshi Ueda, Naohiko Seki, Hideki Tanzawa, Tomohiko Ichikawa. FOXA1 Promotes Tumor Progression in Prostate Cancer via the Insulin-Like Growth Factor Binding Protein 3 Pathway. Plos One. 2012 Aug;7(8)e42456
4 Kamiya N, Suzuki H, Endo T, Yano M, Naoi M, Nishimi D, Kawamura K, Imamoto T, Ichikawa T. Clinical usefulness of bone markers in prostate cancer with bone metastasis. Int J Urol. 2012 Jul;19(11)968-979
5 Fuse M, Kojima S, Enokida H, Chiyomaru T, Yoshino H, Nohata N, Kinoshita T, Sakamoto S, Naya Y, Nakagawa M, Ichikawa T, Seki N. Tumor suppressive microRNAs (miR-222 and miR-31) regulate molecular pathways based on microRNA expression signature in prostate cancer. Journal of Human Genetics. 2012 Nov;57(11)691-699
6 Imamura Y, Kawamura K, Sazuka T, Sakamoto S, Imamoto T, Nihei N, Suzuki H, Okano T, Nozumi K, Ichikawa T. Development of a nomogram for predicting the stone-free rate after transurethral ureterolithotripsy using semi-rigid ureteroscope. Int J Urol. 2012 Nov
7 Utsumi T, Kawamura K, Imamoto T, Nagano H, Tanaka T, Kamiya N, Nihei N, Naya Y, Suzuki H, Ichikawa T. Preoperative masked renal damage in Japanese patients with primary aldosteronism: Identification of predictors for chronic kidney disease manifested after adrenalectomy. Int J Urol. 2012 Nov
8 Ishikawa H, Tsuji H, Kamada T, Akakura K, Suzuki H, Shimazaki J, Tsujii H; Working Group for Genitourinary Tumors. Carbon-ion radiation therapy for prostate cancer. Int J Urol. 2012 Apr;19(4)296-305
9 Kamiya N, Suzuki H, Ueda T, Sato N, Nakatsu H, Mikami K, Sato N, Nomura K, Akakura K, Okano T, Ooki T, Naya Y, Ota S, Masai M, Ichikawa T. Clinical outcomes by relative docetaxel dose and dose intensity as chemotherapy for Japanese patients with castration-resistant prostate cancer: a retrospective multi-institutional collaborative study. Int J Clin Oncol. 2013 jan
このページの先頭へ

研究費
1 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
癌・精巣抗原〜腎細胞癌バイオマーカーの探索
2011〜2013 代表 巣山 貴仁
2 日本学術振興会科学研究費補助金若手(B)
三次元画像を用いた前立腺肥大症メカニズムの解析(新規)
2012〜2014 代表 仲村 和芳
3 厚生労働省科学研究費補助金
高悪性度筋層非浸潤癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除後の治療方針の確立に関する研究(継続)
市川 智彦 (分担) 塚本 泰司 札幌医科大学
4 放射線医学総合研究所 臨床試験研究経費
2011〜2013 代表 市川 智彦
5 放射線医学総合研究所 臨床試験研究経費
2011〜2013 代表 川村 幸治
このページの先頭へ

受賞
1 2012年4月21日 第100回泌尿器科学会総会 感染症・尿路結石部門 総会賞
日本人シスチン尿症解析;新規シスチン尿症分類の必要性について
坂本信一
2 2012年5月18日〜2012年5月22日 
平成24年度千葉大学国際交流事業「大学院学生等の海外派遣支援プログラム」
内海孝信
3 2012年6月9日 第24回内分泌外科学会総会優秀ポスター賞
原発性アルドステロン症術後における腎機能障害の顕在化に関する臨床的検討:慢性腎臓病の予測因子の報告
内海孝信
4 2012年11月24日 第26回日本泌尿器内視鏡学会ヤングユロロジストアワード
原発性アルドステロン症に対する腹腔鏡下副腎摘除術後の降圧薬内服中止に関する臨床的検討:術前腎機能別の高血圧治療成績
加賀麻祐子
5 2012年12月13日 第610回日本泌尿器科学会東京地方会ベストプレゼンテーション賞
ACTH産生副腎褐色細胞腫の一例
杉浦正洋


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.