診療科紹介

ページタイトル画像

肝炎グループ

メンバー

加藤直也 教授
今関文夫 千葉大学総合安全衛生管理機構・機構長・教授
神田達郎 講師
新井誠人 腫瘍内科・准教授
千葉哲博 講師
三方林太郎 助教
安井 伸 助教
鈴木英一郎 助教
中本晋吾 分子ウイルス学・助教
太和田暁之 千葉大学総合安全衛生管理機構・助教
中村昌人 特任助教
芳賀祐規 大学院生兼医員
高橋幸治 大学院生兼医員
佐々木玲奈 米国留学中

 我が国における肝臓病の多くはB型あるいはC型肝炎ウイルス感染症が原因で、特に肝発癌が大きな問題となっています。現在、本邦において最も問題となっているC型慢性肝炎に対しては、ウイルス駆除を目的としたペグインターフェロンとリバビリン、(シメプレビル)併用量療法、および肝発癌抑止を目指したインターフェロン維持療法を年間約100例に施行しています。発癌抑止を目的にインターフェロンの少量長期療法なども行っております。また、シメプレビルをはじめとするDirect-acting antivirals against HCV (DAAs)の保険診療および治験等も適宜行っております。B型慢性肝炎に対する核酸アナログ製剤、ペグインターフェロンによる抗ウイルス療法も約300例以上に施行し、良好な成績を収めています。一方、ウイルス性肝炎の病期診断、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎や近年増加している脂肪肝、脂肪性肝炎の診断の為、肝生検検査を積極的に施行しています。2000年以降原発性胆汁性肝硬変および自己免疫性肝炎の肝生検例は200例を超えております。劇症肝炎には、原因治療および集中治療部と共同で人工肝補助療法等の集学的治療により救命に努めるとともに、内科的治療が難しい症例は肝胆膵外科と密接に連携し生体肝移植を行っています。

肝癌発症、肝不全死の抑制を目指して

 我が国における肝疾患死亡の大多数はウイルス性肝疾患に起因し、その約7-8割はC型肝炎、1-2割はB型肝炎が占めています。その死因の多くは肝癌に、一部は肝硬変の進行による慢性肝不全、さらには劇症肝炎による急性肝不全によるものです。当研究室では如何に肝炎を制御し肝癌の発症や肝不全死を防ぐかを主要テーマとし、さらなる治療成績の向上を目指して臨床的・基礎的研究を行っています。

《臨床編》

I. 慢性肝炎
1) C型肝炎
2) B型肝炎
3) 自己免疫性肝疾患
4) 高齢者と抗ウイルス療法

II. 急性肝炎および劇症肝炎
1) A型肝炎
2) E型肝炎
3) 劇症肝炎

《基礎研究編》

I. 肝炎ウイルス
1) C型肝炎ウイルス(HCV)
2) B型肝炎ウイルス(HBV)
3) 肝と免疫~肝炎ウイルス持続感染の解明~
4) 肝線維化とMicroRNA
5) 肝発癌メカニズムの解明~性差とERストレス~
6) ウイルスゲノム多様性と病態の解析
7) 劇症肝炎~重症化の機序解明~
8) HBVとエピジェノム解析