sub_about.jpg

教室紹介

はじめに

耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学
教授 岡本 美孝

 千葉大学医学部附属病院耳鼻咽喉・頭頸部外科は、100年以上の歴史を有し、千葉大学大学院医学研究院耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍学教室と一体となって耳鼻咽喉科疾患の患者様の治療に当たっています。

 なかでも頭頸部腫瘍の治療につきましては、3代前の北村武名誉教授が腫瘍学として確立されて以来、教室を挙げて取り組んで参りました。根本的な手術切除に加えて、欠損した部分を被覆し、形態や機能の保存・回復を図る再建手術を積極的に取り入れ、放射線治療、抗がん剤治療を併用して、高い治療成績を得ています。さらに頭蓋底に広範囲に進展するがんや、通常は切除不能とされる内頸動脈浸潤がんに対しても、内頸動脈再建手術を併用して根本切除に取り組んでいます。また、一方でこのような拡大切除とは別に、比較的限局した鼻副鼻腔がん、頭蓋底浸潤がんには内視鏡手術によって患者さまの負担が少ない切除を行って早期退院、社会復帰を目指しています。

 さらに、手術を中心とした従来の治療法に加えて、治療成績をさらに向上させ、かつ患者様の負担を軽減することを目標に、免疫治療の開発に取り組んでいます。千葉大学の免疫学教室で発見・確立されたNKT細胞という強力な抗腫瘍作用を有する細胞を利用した頭頸部がんに対する免疫細胞療法は、文部科学省のがんトランスレーショナル研究事業での研究を経て、2013年から進行頭頸部がんの標準治療後の再発予防のための治療として厚生労働省から先進医療の認定を受け実施しています。また、唾液腺がんや悪性黒色腫に対しても臨床研究を実施しています。さらに、iPS技術を用いて作成されたiPS-NKT細胞を利用して理化学研究所と進行頭頸部がんの治療に向け、当科での実績を踏まえて早期の臨床展開を目指した共同研究を進めています。

 また、腫瘍のみならず、依然として増加する花粉症を含むアレルギー性鼻炎に対しても、厚生労働科学研究班を組織して免疫治療を含む新規治療の開発に向け多くの臨床試験を実施して参りました。現在は日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受け花粉症に対する治療研究、好酸球性副鼻腔炎に対する新規治療開発に向けて取り組みを進めています。

 その他、現在、音声障害の治療、超音波を駆使した診断法の向上、補聴器外来の充実に力を入れています。

 今後も千葉県内の基幹病院として医師養成、医師派遣を含めてその責任を果たし、さらに国際化を目指す大学の附属病院として、新しい治療法の開発・実践に努めて参ります。

沿 革

関連施設

PageTop