アスベスト・ 中皮腫セカンドオピニオン

ページタイトル画像

アスベスト・中皮腫セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来の目的

千葉大学附属病院のアスベスト・中皮腫セカンドオピニオン外来では、本院以外の医療機関で石綿関連疾患と診断された患者さんに、現在の診断・治療に関してアスベスト・中皮腫の専門家が意見を提供いたします。その意見や判断を患者さんがご自身の治療に際しての参考にしていただくことが目的です。

受診の対象となる方

ご本人が受診することを原則とします。

受診費用、受診の手続き、受診に際して必要なものについて

千葉大学医学部附属病院 セカンドオピニオン外来をごらんください。

受診に際して必要なもの

  1. 「セカンドオピニオン外来申込書」
  2. 「診療情報提供書」
  3. 下記の資料を主治医の先生からお借りしてください。中皮腫の診断には病理標本が必要です。
    • レントゲン検査、CT検査の実物フィルムあるいはコピーフィルム
    • 病理標本(HE標本と免疫染色標本)と病理報告書のコピー
    • 細胞診標本と細胞診報告書のコピー
    • 血液検査、胸水検査の結果

「セカンドオピニオン外来申込書」に必要事項を記入し、当院医事課外来係までお送りください。相談日を決定しご連絡いたします。また、受診日の4日前までに、主治医の先生に「診療情報提供書」を作成していただき、上記の資料とともに当院医事課外来係宛にご送付いただくか、ご持参してください。