アスベスト・ 中皮腫セカンドオピニオン

ページタイトル画像

悪性胸膜中皮腫センター

中皮腫に対する新しい治療に取り組んでます


悪性胸膜中皮腫とは

 悪性胸膜中皮腫は肺の外側の胸膜(きょうまく)にできる悪性腫瘍(がん)の一種で、胸壁(きょうへき)の内部にそって広がり、心臓を包む心膜なども巻き込んでいく性質をもっています。おもな治療法には手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤を使う治療)があります。

 手術はがんが片方の胸のごく一部に発生した、早期の方が対象となります。しかし広い範囲にわたって胸膜や胸壁を切除したり、片方の肺を丸ごと一緒に切除したりするため、手術後に肺の機能が低下するなど、体に大きな負担がかかります。また手術で完全に取りきったと判断される場合でも、実際には手術後の再発も多く見られ、完全に治癒させることはなかなか難しいと考えられています。

 放射線治療は中皮腫のがん細胞に対して、細胞を殺したり、増殖するのを抑えたりする効果が認められます。ただ中皮腫では、がんが胸腔(きょうくう, 胸の中)をはうように拡がるため、放射線照射の目標を定めにくく、当てる範囲も広くなります。したがって放射線の影響が、がん周囲の正常な臓器(肺、せき髄など)にも及ぶことが避けられず、その副作用を無視することができません。したがって放射線治療だけでは、悪性胸膜中皮腫を完全に治すことは期待できず、現在では痛みのコントロールなど、症状緩和の目的で行われていることが多いのです。

 以上のことから、手術ができない悪性胸膜中皮腫に対しては、抗がん剤による治療(化学療法)が主に行われています。これまで「どの抗がん剤が悪性胸膜中皮腫に効くのか」よくわかっていませんでしたが、最近、シスプラチンとペメトレキセドという2つの抗がん剤を併せて使えば一定の効果があることが明らかになりました。しかしこの治療法をもってしてもがんを完全に治す事は難しく、また「再発した場合にどのような治療をすればよいのか、どのようなお薬に変更すればよいのか」ということに対しては、定まった見解がありません。

 また最近では、完全にがんを治すこと(完全治癒)を目標として、抗がん剤、放射線治療、手術の3つを組み合わせた治療(集学的治療, しゅうがくてきちりょう)についての臨床試験が行われています。しかしながら、これらの治療を全て行える患者さんは非常に限られており、また治療が患者さんの体力に与える負担も大きく、その効果まだ明らかではありません。

 このように現在の治療法だけでは、がんを完全に治すことがなかなか難しい状況で、今までの治療方法とは異なる新しい治療法の開発が必要となっています。

千葉大学附属病院で行える治療

 私たちの施設では手術(呼吸器外科)、抗がん剤、放射線治療の標準治療のいずれも施行可能です(すべてを組み合わせる集学的治療は行っておりません)。

 呼吸器内科では主にシスプラチンもしくはカルボプラチン、ペメトレキセドなどを用いた化学療法(抗がん剤治療)を初期段階、および再発時に行っています。

 放射線治療は主に(限局した)再発病変や、胸痛などの疼痛緩和目的で行います。

 最近では疼痛や呼吸困難など、がんに伴う不快な症状を和らげる治療(緩和医療)を早い段階から開始すると、生命予後が改善することが指摘されており、私たちの施設でも早期から取り入れています。

通常の治療の他に以下の臨床試験を行っています

臨床試験とは?

 臨床試験とは、ある病気の患者さんに新しい治療法を試みて、それが安全であるかどうか、あるいは効果があるかどうかを判定するために医師が行う研究です。今回参加をお願いする臨床試験は「自主臨床試験」と呼ばれるもので、実際の診療に携わる医師が医学的必要性・重要性に鑑みて、立案・計画して行うものです。製薬会社などが行う新薬の安全性・有用性を調べ、厚生労働省の承認を得るための臨床試験、いわゆる治験(ちけん)ではありません。
 この臨床試験については、国の定めた指針に基づいて計画され、千葉大学医学部附属病院の治(ち)験(けん)審査委員会(しんさいいんかい)の厳格な審議に基づく病院長の承認を得ています。なおこの臨床試験で行おうとしている治療法は、患者さんで行う前に動物実験をはじめとする様々な基礎的な研究を行って、少なくとも前臨床レベル(動物実験など)では安全であること、効果があることが確認されたものです。

(1) 切除不能悪性胸膜中皮腫を対象としたゾレドロン酸の胸腔内投与の安全性を確認する第Ⅰ相臨床試験

 ゾレドロン酸は、がんの骨転移病変に対して点滴静注で広く臨床の現場で使われている薬で、転移による病的骨折、骨の疼痛、高カルシウム血症に対して有効性が示されています。
 私たちは以前からゾレドロン酸が直接、がん細胞に作用して死滅させることを、マウスを用いた研究で示してきました (Okamoto S, et al. J Thoracic Oncol. 2012. 7(5)873-)。

 ただ、ゾレドロン酸は他のお薬と違い、点滴投与すると、そのほとんどが骨に移行してしまい、骨から離れたがんの病巣には届かないことがわかっています。中皮腫は病気が進行すると骨や脳などに転移を起こしますが、その前の段階では胸腔内にとどまって拡大することが多いので、薬を胸腔内(胸水中など)に直接投与すれば高い濃度でがん細胞に接し、これを死滅させることができます。

実際の方法

 第Ⅰ相臨床試験ですので安全性の確認が第一義となります。少量から投与を始めて、徐々に増量し安全性が確認できる量を決定します。実際には下図に示すように胸腔に薬を注入し、血液検査、胸部CTなどで安全性や治療効果を確認します。

 入院期間は、患者さんの状況によって差がありますが、おおむね2週間前後を予定しています。

薬を胸腔内に注入しているところ(15分)

(2) 切除不能悪性胸膜中皮腫を対象としたNK4遺伝子発現型アデノウィルスベクターによる第Ⅰ相臨床試験

 いわゆる遺伝子治療です。国内では初めての試みになります。

 NK4というタンパク質を発現させるウィルスベクター(人から人への伝染性はありません)を胸腔内に注入します。この方法自体は前述のゾレドロン酸の臨床試験(上の図)とほぼ同じです。

 NK4は主にHGF(肝細胞増殖因子)という、がん細胞の増殖に有利に働く物質がその受容体(c-Met)と結合するのを阻害して、抗がん作用を発揮します。

 また、がんが増大する際には、周りの組織から血管を引き込んで栄養分や酸素をとりこむことが知られていますが、NK4はそのような、がんに特有な血管が新たに形成されるプロセスを阻害します(血管新生抑制作用:がんに向かう血管を減らして、いわゆる兵糧攻めにする)。

 悪性胸膜中皮腫に対する遺伝子治療は、米国ではすでに施行されており、安全性は担保されていますが、使用するタンパクの種類が異なるので、本試験で起こりうる作用、副作用は現段階では完全に予測しうるものではありません。

 また、国内では悪性中皮腫に対する遺伝子治療を行う施設は限られており、やはり使用する物質が違うため効果などの単純比較はできません。

 遺伝子治療に使用するアデノウィルスベクターは、それ自体には感染性はありませんが、人工的に作った物質であるため、それを環境中に拡散させることはできず、したがって閉鎖された病室(個室)に一時的に入院して頂く形になります。すなわち、「体内で治療効果を発揮した後は、自然に失活するまでは外部に漏らさない」ということです。

 今までの研究結果から考えると、アデノウィルスベクターが自然に失活するまで1週間前後と推測されています(患者さんによって差が出ることは予想されます)。

その他

 上記の2つの臨床試験は、患者さんのご希望があって体力的、臓器機能的(肝機能、腎機能など)に問題がなければ、両方(同時ではなく)行うことは可能です。ただし腹膜中皮腫に対して本試験は施行されませんのでご注意ください。
 不明な点がありましたら、以下の連絡先にお気軽にお問い合わせください。なお、すでに他の医療機関を受診されている場合は、紹介状を持参して頂けると話がスムーズに運びます。

 診断がつかない、診断がついたがまだ化学療法などの治療を行っていない、という患者さんでも、当院で化学療法などを行ってから、上記の臨床試験にエントリーすることも可能ですのでお問い合わせ願います。

研究事務局

多田 裕司
千葉大学医学部附属病院 呼吸器内科
電話:043-222-7171(内線5471)
E-メール:ytada●faculty.chiba-u.jp ※メール送付の際は●を@にして送信して下さい。