肝胆膵外科

ページタイトル画像

腹腔鏡下肝切除術の安全性に関する検討~後ろ向き多施設共同研究~

診療情報及び診療時に採取・保管された検体を用いた研究に関するお知らせ

千葉大学大学院医学研究院臓器制御外科学

千葉大学医学部附属病院での診療情報および診療時に採取・保管された検体を下記の研究に用いることになりましたのでお知らせします。

1.研究課題名 腹腔鏡下肝切除術の安全性に関する検討~後ろ向き多施設共同研究~
2.研究の意義・目的 過去のデータ解析により現在行われている登録システムを補完するデータを得ることを通して,より安全に腹腔鏡下肝切除術を受けていただくために必要な評価システムを構築することが目的です。
3.研究の方法 本試験は現在肝臓内視鏡外科学会により進められている腹腔鏡下肝切除症例前向き登録開始(2015年)以前に行われた腹腔鏡下肝切除症例全例を対象とし、安全性を示す術中出血量と開腹移行率,手術時間、術後在院日数、術後合併症発生率を検討します。
4.個人情報の取り扱いについて 本研究で得られた個人情報はその保護のため匿名化され、外部に洩れることのないように厳重に管理します。研究成果の発表にあたっては、患者さんの氏名などは一切公表しないこととします。データ等は、千葉大学大学院医学研究院肝胆膵外科教室の鍵のかかる棚で保管します。
5.研究に診療情報などを利用して欲しくない場合について ご協力頂けない場合には、原則として結果の公開前であれば情報の削除などの対応をしますので、下記の窓口にご遠慮なくお申し出ください。 文部科学省・厚生労働省による「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づいて掲示を行っています。

お問い合わせ

研究実施機関:千葉大学医学部附属病院肝胆膵外科
本件のお問合せ先:研究事務局(千葉大学)
千葉大学医学部附属病院肝胆膵外科 吉富 秀幸 043(222)7171 内線5282(医局受付)
研究代表機関:獨協大学第二外科学 窪田 敬一 0282(86)1111(代表)
住所:〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880