博士課程

専攻・コース

医学薬学府の4年博士課程は,次の専攻・コースから構成されています。

専攻コース取得できる学位
先端医学薬学専攻 先端生命科学コース(初期受け入れコース)
免疫統御治療学コース
先端臨床医学薬学コース
がん先端治療学コース
博士(医学)
又は
博士(薬学)
先進予防医学共同専攻 博士(医学)

 先端医学薬学専攻は,医学・薬学並びに関連分野において創造的,先端的研究活動を行うに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識,全人的視野を有する医療従事者,生命科学研究者を育成することを目的としています。
 先端医学薬学専攻においては,取得単位と学位論文の内容により,博士(医学)又は博士(薬学)のいずれかが取得できます。

 先進予防医学共同専攻は,千葉大学,金沢大学,長崎大学の3大学による共同大学院で,従来の衛生学・公衆衛生学を基盤としながら,個人や環境の特性を網羅的に分析・評価し,0次予防から3次予防までを包括した「個別化予防」を実現する「先進予防医学」を掲げ,それを実践できる専門家を育成することを目的としています。

 先進予防医学共同専攻においては,取得単位と学位論文の内容により,博士(医学)が取得できます。

 下記のリンクに2018年度のシラバスを掲載します。

 2018年のシラバス(2.4MB).pdf

PageTop