アスベスト・ 中皮腫セカンドオピニオン

ページタイトル画像

悪性胸膜中皮腫センター

中皮腫に対する新しい治療に取り組んでます


悪性胸膜中皮腫とは

 悪性胸膜中皮腫は肺の外側の胸膜(きょうまく)にできる悪性腫瘍(がん)の一種で、胸壁(きょうへき)の内部にそって広がり、心臓を包む心膜なども巻き込んでいく性質をもっています。おもな治療法には手術、放射線治療、化学療法(抗がん剤を使う治療)があります。

 手術はがんが片方の胸のごく一部に発生した、早期の方が対象となります。しかし広い範囲にわたって胸膜や胸壁を切除したり、片方の肺を丸ごと一緒に切除したりするため、手術後に肺の機能が低下するなど、体に大きな負担がかかります。また手術で完全に取りきったと判断される場合でも、実際には手術後の再発も多く見られ、完全に治癒させることはなかなか難しいと考えられています。

 放射線治療は中皮腫のがん細胞に対して、細胞を殺したり、増殖するのを抑えたりする効果が認められます。ただ中皮腫では、がんが胸腔(きょうくう, 胸の中)をはうように拡がるため、放射線照射の目標を定めにくく、当てる範囲も広くなります。したがって放射線の影響が、がん周囲の正常な臓器(肺、せき髄など)にも及ぶことが避けられず、その副作用を無視することができません。したがって放射線治療だけでは、悪性胸膜中皮腫を完全に治すことは期待できず、現在では痛みのコントロールなど、症状緩和の目的で行われていることが多いのです。

 以上のことから、手術ができない悪性胸膜中皮腫に対しては、抗がん剤による治療(化学療法)が主に行われています。これまで「どの抗がん剤が悪性胸膜中皮腫に効くのか」よくわかっていませんでしたが、最近、シスプラチンとペメトレキセドという2つの抗がん剤を併せて使えば一定の効果があることが明らかになりました。しかしこの治療法をもってしてもがんを完全に治す事は難しく、また「再発した場合にどのような治療をすればよいのか、どのようなお薬に変更すればよいのか」ということに対しては、定まった見解がありません。

 また最近では、完全にがんを治すこと(完全治癒)を目標として、抗がん剤、放射線治療、手術の3つを組み合わせた治療(集学的治療, しゅうがくてきちりょう)についての臨床試験が行われています。しかしながら、これらの治療を全て行える患者さんは非常に限られており、また治療が患者さんの体力に与える負担も大きく、その効果まだ明らかではありません。

 このように現在の治療法だけでは、がんを完全に治すことがなかなか難しい状況で、今までの治療方法とは異なる新しい治療法の開発が必要となっています。

千葉大学附属病院で行える治療

 私たちの施設では手術(呼吸器外科)、抗がん剤、放射線治療の標準治療のいずれも施行可能です(すべてを組み合わせる集学的治療は行っておりません)。

 呼吸器内科では主にシスプラチンもしくはカルボプラチン、ペメトレキセドなどを用いた化学療法(抗がん剤治療)を初期段階、および再発時に行っています。

 放射線治療は主に(限局した)再発病変や、胸痛などの疼痛緩和目的で行います。

 最近では疼痛や呼吸困難など、がんに伴う不快な症状を和らげる治療(緩和医療)を早い段階から開始すると、生命予後が改善することが指摘されており、私たちの施設でも早期から取り入れています。