千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学・千葉大学医学部附属病院泌尿器科
English サイトマップ HOME
入局・研修をご希望の方 泌尿器科学教室について 患者様用当科診療案内
共通メニュー
教室員紹介
関連病院紹介
泌尿器科学 同門会
教室主催の学会・研究会
千葉大学医学部
千葉大学附属病院
交通のご案内
入局・研修をご希望の方
泌尿器科学教室について
患者様用当科診療案内
HOME > 教室員紹介 > 教授 市川智彦
詳細プロフィール
教授 市川 智彦

教授 市川 智彦

Tomohiko Ichikawa, M.D., Ph.D.

E-mail tomohiko_ichikawa@faculty.chiba-u.jp
教授からのメッセージ
略歴 (2017年4月28日現在)
1984年 千葉大学医学部卒業
1989年 千葉大学大学院医学研究科博士課程修了
1989-1991年 ジョンズホプキンス大学医学部オンコロジーセンター研究員
1992年 千葉大学医学部附属病院泌尿器科 助手
1997年 帝京大学医学部附属市原病院泌尿器科 講師
1998年 千葉大学医学部附属病院泌尿器科 講師
2001年 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学 助教授
2003年 (1-2月)短期在外研究員ジョンズホプキンス大学医学部泌尿器科
2004年 千葉大学大学院医学研究院泌尿器科学 教授(現在に至る)
2007-2009年 千葉大学医学部附属病院 副病院長(総務担当)
2009-2011年 千葉大学医学部附属病院 副病院長(医療業務標準化担当)
2011-2012年 千葉大学医学部附属病院 病院長補佐(病院機能評価担当)
2012年-2013年 千葉大学医学部附属病院 副病院長(研究・業務標準化担当)
2013年-2015年 千葉大学大学院医学研究院 副研究院長(総務担当)
2015年-2017年 千葉大学医学部 副医学部長(入試担当)
2017年- 千葉大学医学部附属病院 副病院長(安全管理・危機管理担当)
2017年- 千葉大学医学部附属病院 遺伝子診療部部長

主な資格 (2017年4月28日現在)
・日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・指導医
・日本生殖医学会 生殖医療専門医
・臨床遺伝専門医制度 専門医
・日本性機能学会専門医
・泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定
・日本内視鏡外科学会技術認定
・日本がん治療認定医機構 暫定教育医
・内分泌・甲状腺外科専門医
・日本小児泌尿器科学会認定医
・難病指定医

専門領域・研究領域
・前立腺癌の診断と治療
・尿路性器悪性腫瘍に対する診断と治療
・副腎疾患の診断と治療
・男性不妊症の診断と治療
・男性性機能障害の診断と治療
・腹腔鏡下手術(腎摘除術・副腎摘除術など)
・顕微鏡下手術(精管精管吻合術・精巣上体精管吻合術・精索静脈瘤手術)
・泌尿器科疾患に対する分子生物学的診断法の開発
・泌尿器科悪性腫瘍に対する新規治療の開発

主な学会役員 (2017年4月28日現在)
・日本泌尿器科学会
   代議員(2012年10月〜)
   理事(2007年4月〜23年4月、2013年4月〜)
   常任理事・総務委員長(2015年6月〜)
・日本産科婦人科学会 会員(2013年〜)
・日本アンドロロジー学会・理事(2004年7月〜)、理事長(2014年6月〜)
・日本尿路結石症学会・理事(2012年8月〜)、理事長(2014年8月〜)
・日本生殖医学会・副理事長(2008年10月〜)
・日本受精着床学会・常務理事(2006年9月〜)
・日本泌尿器内視鏡学会・理事(2012年11月〜)
・日本泌尿器腫瘍学会・理事(2015年4月〜)

・日本生殖内分泌学会・理事(2006年11月〜)
・日本性機能学会・理事(2004年9月〜)
・日本Men’s Health医学会・理事(2006年11月〜)
・日本ステロイドホルモン学会・理事(2007年11月〜)
・日本内分泌外科学会・理事(2016年5月〜)

・日本老年泌尿器科学会・評議員
・日本癌治療学会・代議員
・日本内視鏡外科学会・評議員
・日本小児泌尿器科学会・評議員(2013年6月〜)
・日本癌学会・評議員(2016年1月〜)

主催した国内学会・研究会(全国規模) (2017年4月28日現在)
・第8回 ホルモンと癌研究会 2007年7月27日(金)・28日(土) (港区)
・第17回 泌尿器科分子・細胞研究会 2008年2月15日(金)・16日(土)  (千代田区) 
・第19回 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会 2010年7月8日(木)・9日(金) (千葉市)
・日本尿路結石症学会第21回学術集会 2011年8月26日(金)・27日(土) (千葉市)
・日本アンドロロジー学会第30回学術大会 2011年7月22日(金)・23日(土) (千代田区)
・第61回日本生殖医学会学術講演会・総会 2016年11月3日(木)・4日(金) (横浜市)

主催した国際学会 (2017年4月28日現在)
・第13回国際尿路結石症学会 2016年7月19日(火)〜22日(金) (千葉市)

英文誌編集委員
・Editorial Board:The Prostate

受賞など
1992年 社団法人日本泌尿器科学会研究助成金:
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の染色体上における位置の同定」
1997年 佐川がん研究助成金
「前立腺癌における転移抑制遺伝子のヒト染色体上における位置の同定」
1997年 ゐのはな同窓会賞学術賞:
「前立腺癌に対する転移抑制遺伝子の同定」
1997年 社団法人日本泌尿器科学会研究助成金:
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の染色体上における位置の同定」
1999年 平成11年度日本医師会医学研究助成費臨床部門:
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の同定と解析」

科学研究費(研究代表者)
1993年 奨励研究(A)
「前立腺癌の転移抑制におけるヒト第8番染色体の役割」
1994年 一般研究(C)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子のヒト染色体上における位置の同定」
1995年 一般研究(C)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子のヒト染色体上における位置の同定とその役割」
1996年 基盤研究(C)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の同定と癌進展におけるその役割」
1997-98年 基盤研究(B)(2)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の同定と転移を中心とした癌進展の機序の解析」
1999-2001年 基盤研究(A)(2)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の同定と癌進展の解析」
2002-2005年 基盤研究(A)(2)
「前立腺癌における転移抑制遺伝子の同定と遺伝子診断・治療システムの構築」
2008年-2011年 基盤研究(B)
「進行性前立腺癌に対する分子マーカーの同定と癌進展の分子機構の解明」
2013年-2015年 基盤研究(B)
「去勢抵抗性前立腺癌における機能性RNAネットワークの解明と革新的診断治療シーズ」
2016年- 基盤研究(B)
「去勢抵抗性前立腺癌における機能性RNA分子経路の解明と革新的治療法の開発」

基礎研究に関する主な英文原著
(最近のものならびに臨床に関するものは教室の業績を参照ください)
1. Ichikawa T, Akimoto S, Hayata I, Shimazaki J. (1989) Progresson and selection in heterogeneous tumor composed of androgen-responsive Shionogi carcinoma 115 and its autonomous subline (Chiba subline 2). Cancer Res 49(2):367-371.
2. Furuya Y, Sato N, Akakura K, Ichikawa T, Suzuki N, Sato R, Shimazaki J. (1990) Paracrine growth stimulation of androgen-responsive Shionogi carcinoma 115 by its autonomous subline (Chiba subline 2). Cancer Res 50(16):4979-4983.
3. Ichikawa T, Kyprianou N, Isaacs JT. (1990) Genetic instability and the acquisition of metastatic ability by rat mammary cancer cells following v-H-ras oncogene transfection. Cancer Res 50(19):6349-6357.
4. Steinberg GD, Brendler CB, Ichikawa T, Squire RA, Isaacs JT. (1990) Characterization of an N-methyl-n-nitrosourea (MNU) induced autochtonous rat bladder cancer model. Cancer Res 50(20):6668-6674.
5. Ichikawa T, Ichikawa Y, Isaacs JT. (1991) Genetic factors and suppression of metastatic ability of prostatic cancer. Cancer Res 51(14):3788-3792.
6. Ichikawa T, Ichikawa Y, Isaacs JT. (1991) Genetic factors and metastatic ability of prostatic cancer. Cancer Surveys 11:35-42.
7. Ichikawa T, Ichikawa Y, Isaacs JT. (1992) Genetic factors and suppression of metastatic ability of v-H-ras-transfected rat mammary cancer cells. Proc Natl Acad Sci USA 89:1607-1610.
8. Bussemakers MJG, Van Moorselaar RJA, Giroldi LA, Ichikawa T, Isaacs JT, Takeichi M, Debruyne FMJ, Schalken JA. (1992) Decreased expression of E-cadherin in the progression of rat prostatic cancer. Cancer Res 52(10):2916-2922.
9. Ichikawa T, Lamb J C, Christensson PI, Hartley-Asp B, Isaacs JT. (1992) The antitumor effects of the quinoline-3-carboxamide Linomide on Dunning R-3327 rat prostatic cancers. Cancer Res 52(11):3022-3028.
10. Ichikawa T, Ichikawa Y, Dong J, Hawkins A, Griffin CA, Isaacs WB, Oshimura M, Barrett JC, Isaacs JT. (1992) Localization of metastasis suppressor gene(S) for prostatic cancer to the short arm of human chromosome 11. Cancer Res 52(12):3486-3490.
11. Ichikawa T, Nihei N, Suzuki H, Oshimura M, Emi M, Nakamura Y, Hayata I, Isaacs J T, Shimazaki J. (1994) Suppression of metastasis of rat prostatic cancer by introducing human chormosome 8. Cancer Res 54(9):2299-2302.
12. Rinker-Schaeffer CW, Hawkins AL, Ru N, Dong J, Stoica G, Griffin CA, Ichikawa T, Barrett JC, Isaacs JT. (1994) Differential suppression of mammary and prostate cancer metastasis by human chromosomes 17 and 11. Cancer Res 54(23):6249-6256.
13. Dong J-T, Lamb PW, Rinker-Schaeffer CW, Vukanovic J, Ichikawa T, Isaacs JT, Barrett JC. (1995) KAI1, a metastasis suppressor gene for prostate cancer on human chromosome 11p11.2. Science 268(12 May):884-886.
14. Nihei N, Ichikawa T, Kawana Y, Kuramochi H, Kugo H, Oshimura M, Killary AM, Rinker-Schaeffer CW, Barrett JC, Isaacs JT, Shimazaki J. (1995) Localization of metastasis suppressor gene(s) for rat prostatic cancer to the long arm of human chromosome 10. Genes Chromosomes Cancer 14(2):112-119.
15. Ueda T, Ichikawa T, Tamaru J, Mikata A, Akakura K, Akimoto S, Imai T, Yoshie O, Shiraishi T, Yatani R, Shimazaki J. (1996) Expression of the KAI1 protein in benign prostatic hyperplasia and prostate cancer. Am J Pathol 149(5):1435-1440.
16. Nihei N, Ichikawa T, Kawana Y, Kuramochi H, Kugoh H, Oshimura M, Hayata I, Ito H, Shimazaki J. (1996) Mapping of metastasis suppressor gene(s) for rat prostate cancer on the short arm of human chromosome 8 by irradiated microcell-mediated chromosome transfer. Genes Chromosomes Cancer 17(4):260-268.
17. Luu HH, Zagaja GP, Dubauskas Z, Chen SL, Smith RC, Watabe K, Ichikawa Y, Ichikawa T, Davis EM, Le Beau MM, Rinker-Schaeffer CW. (1998) Identification of a novel metastasis-suppressor region on human chormosome 12. Cancer Res, 58(16):3561-3565.
18. Nihei N, Ohta S, Kuramochi H, Kugoh H, Oshimura M, Barrett JC, Isaacs JT, Ito H, Masai M, Ichikawa Y, Ichikawa T. (1999) Metastasis suppressor gene(s) for rat prostate cancer on the long arm of human chromosome 7. Genes Chromosomes Cancer 24(1):1-8.
19. Ueda T, Emi M, Suzuki H, Komiya A Akakura K, Ichikawa T, Shiraishi T, Masai M, Igarashi T, Ito H. (1999) Identification of a 1-cM region of common deletion on 13q14 associated with metastasis of human prostate cancer. Genes Chromosomes Cancer, 24(2):183-190.
20. Kim HL, Griend DJ, Yang X, Benson DA, Dubauskas Z, Yoshida BA, Chekmareva MA, Ichikawa Y, Sokoloff MH, Zhan P, Karrison T, Lin A, Stadle WM, Ichikawa T, Rubin MA, Rinker-Schaeffer CW. (2001) Mitogen-activated protein kinase kinase 4 metastasis suppressor gene expression is inversely related to histological pattern in advancing human prostatic cancers. Cancer Res 61(7):2833-2837.
21. Nihei N, Kouprina N, Larionov V, Oshima J, Martin GM, Ichikawa T, Barrett JC. (2002) Functional evidence for a metastasis suppressor gene for rat prostate cancer within a 60-kilobase region on human chromosome 8p21-p12. Cancer Res 62(2):367-370.


一つ前のページへ戻る このページの先頭へ HOMEに戻る
copyright(C). Department of Urology. Graduate School of Medicine. Chiba University. All Rights Reserved.