入局・研修案内

ページタイトル画像

入局者メッセージ

熱意ある外科医大募集!!

当科では消化器はもちろん、乳腺や内分泌、移植外科においても臨床・研究分野ともに充実した体制にて活動しております。また、大学病院のみならず、県内・県外の症例数豊富な関連施設において、専門医取得にも十分な経験を積むことができます。外科医離れがすすんでいると言われている昨今ではありますが、当科においては若い医師が思う存分力を発揮できる労働環境作りをすすめるとともに、優れた外科医の養成を目指した教育環境の整備を積極的に行っています。
以下に、当科に所属する大学院生、後期研修医の声を掲載いたします。
将来の外科を担うべき皆さんとともに、さらなる一歩を踏み出せることを心待ちにしております。
当科での研修にご興味のある方はぜひご連絡ください。

連絡先

Mail:miyahide(ここにアットマーク)faculty.chiba-u.jp
医局長:宮内英聡


平成22年卒 玉地智英

初めまして。今年度千葉大学先端応用外科に入局した玉地智英と申します。私は工学部の修士課程修了後に医師を志して島根大学医学部に編入学しました。卒業後は千葉大学医学部付属病院の初期研修プログラムA(1年目:大学病院、2年目:市中病院)でお世話になり、特に消化器外科に魅力を感じ先端応用外科に入局させて頂きました。当医局の特徴として、診断から手術、術後の化学療法まで、一貫して行っている点があります。
そのため、沢山の先輩達の親身な指導の下、診断の各ステップについて学び、手術の技術を磨き、最後まで責任を持って患者様と向き合う姿勢を身に付けられると思います。いま外科医を目指す若手医師の減少が問題となっています。しかし、医療技術が飛躍的に進歩した現在でも、手術をしないと助けられない患者様は沢山います。学生の皆さん、研修医の皆さん、ぜひ一緒にやりがいのある仕事をしましょう。


平成22年卒 大塚亮太

私は新潟大学を卒業後、先端応用外科の関連病院で初期臨床研修、外科後期研修を修了した後、医師6年目で当科に入局させていただきました。
入局と同時に大学院にも入学させていただき、指導熱心な諸先輩方に臨床だけでなく研究という面でも多くのことを学ばせていただきました。
途中入局ということで、進路を迷われている方もいるかと思いますが、当科では入局前のキャリアも尊重してくれ、また仲間として迎え入れてくれるため、とてもいい環境で自分の能力を伸ばしていくことができると思います。
ご興味のある方は是非一緒に勉強していきましょう。お待ちしております。


平成22年卒 高橋有未子

沖縄の琉球大学を卒業後、栃木の大田原赤十字病院(現・那須赤十字病院)で2年間の初期研修を行い、同院で引き続き2年間の外科研修を行いました。 千葉県出身なため、将来的に千葉県内での勤務を考えていたところで千葉大学食道胃腸外科をご紹介いただく機会があり、この度入局の運びとなりました。 大学院へも進学し、研究者としての立場も加わることから、一層の見聞を広め、多角的な視野を持って臨床に役立てていけるよう努力していきたいと思っております。


平成23年卒 天海博之

平成23年卒の天海です。私は、他大学出身ですが、現在食道胃腸外科で明るく充実した日々を過ごしております。県内外の関連病院で豊富な手術を経験できるという点で食道胃腸外科を選択しました。初期研修医時代からヘルニアや、ストマ造設と閉鎖術、虫垂炎など様々な手術を経験することができました。また当科の魅力のひとつとして、手術の他にサブスペシャリティーとして、内視鏡や、血管造影検査、病理研究などを選択して身につけることが出来るという点があります。志望科を迷っている皆さん、是非当科での研修で外科研修の一歩を踏み出しましょう。


平成23年卒 荒澤孝裕

私は千葉大学卒業後、先端応用外科の関連病院で2年間の初期研修を受け、当科に入局させていただきました。学生実習の時にも感じたことですが、先輩方の自信と熱意ある仕事への姿勢と、後輩に対する熱心な指導に魅力を感じ、入局を決意しました。未だ至らない点ばかりではありますが、期待していた以上の熱い指導を受け、毎日充実した日々を送っています。外科に少しでも興味のある方は、是非当科の見学にいらしてください。


平成23年卒 澤田尚人

私は千葉大学を卒業後2年間市中病院で研修をし、平成25年より当科に入職いたしました。学生時代より、当科の先生方は松原教授を筆頭に明るく活発であるという印象を持っておりましたが、その風潮は今でも変わることなく、忙しいながらも楽しく仕事をさせていただいております。また当科の特筆すべき特徴として、後輩医師に対する指導が挙げられると思います。私自身まだ入職してから日が浅いですが、先輩医師によるレクチャーや手術の執刀など、新人外科医をしっかりと育てあげようという先生方の気概を強く感じ、刺激の多い毎日を送っています。消化器外科に少しでも興味のある方は、是非一度当科をのぞきに来てください。一緒に勉強していきましょう!


平成23年卒 関野伸史

初めまして。医師3年目、入局1年目の関野伸史です。
私は千葉大学を卒業し、初期研修を千葉大学医学部附属病院と市中病院で1年ずつ行いました。消化管癌の治療に携わりたいと考えており、大学病院の食道・胃腸外科でも2か月研修を行いました。多くの先生方が時間を割いて事ある毎に指導してくださり、この科で更に研鑽を積みたいと思うようになりました。
「食道・胃腸外科で研修したらしっかりとした外科医になれるよ」と背中を押していただきましたが、入局して良かったと思います。現在は診断から治療までの流れの中で上の先生から多くの指導を受けながら充実した研鑽の日々を送っております。ぜひ一緒に働きましょう。お待ちしています。


平成23年卒 横山将也

私は君津中央病院で初期研修を行い、今年度千葉大学先端応用外科に入局させて頂きました。学生時代から外科を志望しておりましたが、消化器疾患を専門にしたく入局を決めました。熱心に指導して下さる先輩が多く、充実した研修生活を送ることができています。興味のある方は是非見学にいらして下さい。


平成23年卒 渡邊裕樹

私は平成23年に山梨大学を卒業し地元である千葉に帰郷し、2年間の研修を受け今年度より千葉大学先端応用外科に入局しました。千葉大学とは全く関係のない自分ですが、研修医時代に入局を誘っていただいたり見学させていただき雰囲気のよさを実感し入局を決意しました。当科のよいところは診断から治療まで当科で見ることができ、また手術症例は他院では見られないような難しい症例から、一般的な症例まで幅広く診療できることにあると思います。また指導医の先生方の講義で新たな知識を身に着けることや、再確認することができ知識の定着にもつながります。外科医を目指している若手医師のみなさん、一緒に実りある外科研修をしませんか。


平成24年卒 武藤靖英

初めまして。今年度千葉大学先端応用外科に入局しました武藤靖英と申します。消化器外科に興味があった私は、卒後研修は当科の外科専門プログラム(1年目は市中病院、1年目は大学病院)を選択しました。他の新入局員の先生よりも1年間医者としての経歴は短いですが、他の新入局員の先生と同様に、病棟仕事、手術、検査、講義、講習会、研究会など熱心な上級医の皆様から多方面にわたりご指導いただいており、非常に充実した毎日を過ごしております。外科に興味がある方は是非一度見学にいらしてください。


平成24年卒 白石匡

広島生まれ、千葉・東京育ちで平成24年に千葉大学を卒業しまして、成田赤十字病院での初期研修2年間を経て、母校である千葉大学に戻って参りました。学生時代は軟式テニス部と山中寮に所属していました。
入局し、丁寧・熱心に指導してくださる先輩方やお互いに刺激し合える同学年のいる環境に身を置くことができて、改めて入局して良かったと感じています。外科医としてまだまだ技術も知識も不十分なため、学ぶべきこと・できるようにならなくてはならないことが山積みで、身が引き締まる思いでいます。歴史ある第2外科の一員として恥じぬよう一歩一歩成長していければと思っております。


平成24年卒 平田篤史

私は広島県の高校を卒業した後に、平成24年に千葉大学医学部を卒業し、船橋市立医療センターで2年間初期研修を行い、千葉大学先端応用外科に入局させて頂きました。学生実習の時は、医局の雰囲気がとても良く、先生方は熱意があり、学生や後輩へ熱心な指導をされているという印象でした。
また、さまざまな検査、手術だけではなく内視鏡的治療や血管内治療、そして研究まで幅広い分野で活躍されており、とても魅力を感じておりました。私が入局してからも上級医の熱心な指導を受け、そして患者さんからも様々なことを教えていただき、毎日充実した日々を送っております。
現在外科医は減少していると言われていますが、自分を育ててくれたこの千葉の地で外科医として何か貢献できればと思っております。


平成24年卒 水内喬

私は平成24年信州大学卒業後、2年間都内で初期研修を行い、地元千葉へ戻り入局しました。出身大学も初期研修も千葉ではありませんが、いくつか自分にとって魅力的な点があり入局致しました。先輩方からの丁寧な指導があり、執刀の機会も若手のうちから与えられることや、診断から治療まで一貫して行っていること、外科医として腕を磨くにはこの上ない環境だと思い入局しました。
大学病院で働くなかで、手術スキルはもちろん、忙しくも楽しく真摯に仕事に取り組む諸先輩方に刺激を受けつつ、日々奮闘しております。また、週1日の外勤日には関連病院で手術を中心にエコー検査や内視鏡検査など一から教えていただきつつ、こちらも非常に楽しく働いております。
外科医として学ぶべきものは非常に多く大変ではありますが、一人前の外科医になれるよう全力で頑張ります。


平成24年卒 山口有輝子

2012年に日本医科大学を卒業し、初期研修を市立青葉病院ならびに千葉大学で行いました。初期研修2年目の2ヶ月間を食道胃腸外科で研修させていただき、忙しい中でも楽しみながら日々医療をされている諸先輩方と働き、非常に充実した2ヶ月間を過ごしました。進路を決めるにあたって、当初は女性で外科医を目指すことに些か不安もありましたが、タフに働くかっこいい女医の諸先輩方にも励まされ、悩んだ末ではありましたが入局を決めました。
外科専門医に必要な症例を取得するために他科での研修もさせていただき、貴重な勉強の機会をいただいた反面、やっぱり食道胃腸外科が一番だなぁ、入局して良かったなぁと実感する毎日でした。これからも日々精進してまいります。


平成25年卒 池田優子

岡山生まれ、東京・広島育ちで平成26年に千葉大学を卒業しました。千葉メディカルセンターでの初期研修1年間を経て、このたび千葉大学先端応用外科に早期入局させていただきました。学生実習の時は、医局の雰囲気がよく、先生方は熱意があり、後輩・学生へ積極的に指導をされているという印象でした。
入局してみて、丁寧・熱心に指導してくださる先輩方や、お互いに刺激しあえる同期のいる環境に身を置くことができて、改めて入局してよかったと感じております。また患者さんからも様々なことを教えていただき、毎日充実した日々を送っております。


平成25年卒 加藤直菜美

地元は千葉県市原市であり、千葉東高等学校卒業です。群馬大学医学部に入学しまして、そのまま群馬大学医学部附属病院にて2年間初期研修を行いました。群馬で長く過ごすうちに、地元千葉に戻ってきたいという思いが強くなり、入局させていただきました。
大学にいらっしゃる先生だけでなく、関連病院の先生方にも手術や内視鏡・腹部エコーなどについて手厚くご指導いただいており、このように学べる環境はありがたいものだなあと日々感じております。
これから先、諸先輩方を見ながら自分自身が外科医として精進していくのはもちろんですが、後に続いてくれる後輩たちを勧誘して、食道胃腸外科をますます賑やかな医局にしていければと思います。


平成25年 鎌田敏希

千葉大学を卒業後、千葉医療センター(国立千葉病院)での初期研修2年間を経て、母校である千葉大学に戻って参りました。
学生実習のとき、医局の雰囲気がよく、また先生方は熱意があると感じました。学生にたいしても熱心に指導していただいた記憶があります。手術だけでなく、病理、レントゲン、内視鏡など、様々な分野で診療と研究が盛んに行われており、たいへん魅力に感じておりました。
先輩方の後ろ姿を見て、また熱心な指導をしていただいて、充実した日々を送ることができております。患者さんからも学ぶことがたくさんあります。同期も様々な人がいて、刺激を受けながら診療にあたっております。
初期研修という立場を終えて外科医として踏み出しましたが、改めて知識も技術も未熟なことばかりだと感じており、身の引き締まる思いです。食道胃腸外科の一員として恥じぬよう、外科医としてまた人間としても成長していければと思っております。


平成25年卒 水町遼矢

埼玉生まれ、埼玉育ちで東京都の高校を卒業し、平成25年に千葉大学を卒業した後、大学病院の初期研修プログラムで1年目に国立千葉医療センターで初期研修を行いました。
早期入局という形で千葉大学食道胃腸外科に所属させていただくことになりました。学生実習の時より、医局の雰囲気がとても良く先生方が熱心に学生や後輩を指導している印象がありました。大学で働きながら、手術のみならず様々なことをご指導いただき、日々勉強させていただいております。まだまだ学ぶべきことも多く未熟ではありますが、1人前の外科医になれるよう精進してまいります。


平成26年卒 龍崎貴寛

千葉県木更津市出身で、中学高校は千葉県の東邦大東邦、大学は九州の佐賀大学です。千葉大に入れず浪人していた頃の話です。自宅から予備校に通う途中に公園があり、そこに鉄棒がありました。ぶら下がり健康器のつもりで毎日その鉄棒にぶら下がり続けました。はじめはより長い時間ぶら下がることが目標でしたが、次第に前まわりがしたくなり、いつの日か一周回れるようになりました。連続でそれができるようになり、気づけば鉄棒に容易に乗れるようになりました。最終的には高い鉄棒の下に立ち鉄棒を掴んだところからすっと乗って前まわり・坂まわりを自由にまわれるようになりました。それは誰に教えを請うたわけでなく、教科書で学んだことでもなく、目標もなかったところからまぎれもなく自分の力のみで得たものでした。
これは僕の人生で唯一の成功体験です。入局後に知った先代の教授であられる故・中山恒明先生の『はじめたら半分成功、あとは辞めずに続けること』とはこういう経験のことではないかと感じました。


平成26年 平澤壮一郎

岐阜大学を卒業し、生まれ育った町である千葉に帰郷し、千葉メディカルセンターでの2年間の研修を終え、入局させていただきました。学生時代から消化器の手術にあこがれ、消化器外科を志しておりました。数多くある外科の中で、食道胃腸外科の先生方はとてもエネルギーに溢れており、その生き生きとした姿に憧れ入局を決意致しました。現在、たくさんの先輩方の親身な指導の下、手術の技術を磨くことができ、自然と私も生き生きと仕事ができているのではないかと思います。
入局することで、多くの外科医の先輩方と繋がりができたことを大変嬉しく思っております。食道胃腸外科の一員として、日本の役に立てる外科を志して参ります。


平成26年卒 米本昇平

千葉県一宮町で育ち、東邦大東邦高校、千葉大学を卒業後、船橋医療センターで初期研修を行いました。
学生時代から、当科のあたたかい雰囲気に魅力を感じておりました。昔から外科医を志していたこともあり迷いはありませんでした。入局してからは、日々学ぶことが多く、一日が終わった時には疲れ果ててしまうことも多いです。しかし患者様が元気に退院されていくと、外科医になって良かったなと心から思います。勉強会や学会など各方面でご活躍されている先輩方と知り合う機会も多く、とても充実した環境で働いております。これからも誠心誠意患者様と向き合い一人前の外科医になれるよう努力してまいります。


平成27年卒 佐々木拓馬

出身は栃木県で、栃木県立宇都宮高等学校を卒業し、私立獨協医科大学に入学いたしました。学生時代はアイスホッケー部や軽音楽部に所属しておりました。いずれも夜間に活動するため、恥ずかしながら勉学は御座なりとなっておりましたが、根性や体力といった面は磨かれたのではないかと自負しております。研修病院見学の際に千葉大学食道胃腸外科の皆様にお世話になり、千葉大学病院での研修を心に決めました。1年目を千葉医療センター、2年目を千葉大学病院で研修させていただき、研修及び学会発表でお世話になった食道胃腸外科に入局させていただきました。
入局届け提出締め切りまで入局先を様々な科で悩み、食道胃腸外科の先生方にも相談に乗っていただきました。入局して日々勉強し、自身の成長、力量不足を実感できる食道胃腸外科に入局して心から良かったと感じております。まだまだ精進が必要であり、今後も邁進していく所存です。


現医局員の出身大学・・・

千葉大学、旭川医科大学、弘前大学、山形大学、福島県立医科大学、獨協医科大学、筑波大学、新潟大学、昭和大学、帝京大学、東京医科歯科大学、東京慈恵会医科大学、富山大学、金沢大学、福井大学、山梨大学、浜松医科大学、近畿大学、島根大学