大学院教育

修了生の学位論文紹介

名 前 久能 勝
期 間 H25.4博士課程入学~H29.3修了
論 文 名 White matter alternations associated with autistic traits in obsessive-compulsive disorder
(強迫症における自閉傾向と脳白質変化との関連)
名 前 平松 洋一
期 間 H25.4博士課程入学~H29.3修了
論 文 名 Memory rescripting work in major depression disorder
(うつ病における記憶書き換え作業)
名 前 永田 忍
期 間 H25.4博士課程入学~H29.3修了
論 文 名 Does cognitive behavioral therapy alter mental defeat and cognitive flexibility in patients with panic disorder?
(認知行動療法でパニック症患者の精神的敗北感と認知的柔軟性は変化するか?)
名 前 村田 倫一
期 間 H25.4博士課程入学~平成29.3修了
論 文 名 The effects of cognitive behavioral therapy on mental defeat and cognitive flexibility in patients with depression who remain symptomatic following pharmacotherapy: a single-arm, uncontrolled trial
(薬物療法後に症状の残るうつ病患者における精神的敗北感と認知的柔軟性への認知行動療法の効果:単一群非対照試験)
名 前 横尾 瑞恵
期 間 H25.4博士課程入学~平成29.3修了
論 文 名 Educational effectiveness of a video lesson for bullying prevention
(いじめ防止のためのビデオ授業の教育効果)
名 前 山田 文紀
期 間 H25.4博士課程入学~平成29.3修了
論 文 名 Imagery rescripting to generate positive mental images during individual cognitive behavioral therapy for major depressive disorder
(大うつ病の個人認知行動療法におけるポジティブなメンタルイメージ生成のためのイメージ書き換え)
名 前 澁谷 孝之
期 間 H25.4博士課程入学~平成29.3修了
論 文 名 Imagery rescripting of traumatic memories for panic disorder
(パニック症に対するトラウマ記憶のイメージ書き直し)
名 前 沼田 法子
期 間 H24.9 博士課程入学〜H28.9 修了
論 文 名 Hemodynamic changes in prefrontal cortex associated with asceticism in bulimia nervosa: A near-infrared spectroscopy study
(神経性大食症における禁欲主義と関連する前頭前皮質の血行動態反応:近赤外分光法を用いた研究)
名 前 高梨 利恵子
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Effectiveness of imagery rescripting for early traumatic memory in a full cognitive behavioral therapy program for social anxiety disorder
(社交不安症に対する認知行動療法における早期トラウマ記憶のイメージ書き直しの効果)
名 前 田中 康子
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Mental Imagery in Social Anxiety Disorder: the development and clinical utility of a Japanese version of the Spontaneous Use of Imagery Scale
(社交不安症における心的イメージ(SUIS):自発的イメージ使用尺度(SUIS)の日本語版の開発と臨床的有用性
名 前 井古田 大介
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Reassurance seeking and family accommodation in obsessive-compulsive disorder
(強迫症における再保証希求と家族適応)
名 前 加藤 澄江
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Effectiveness of a school-based cognitive-behavioural intervention for anxiety in 8-and 9-year-olds: a controlled trial of the Fun FRIENDS program in Japan
(8,9歳の不安に対する学校での認知行動介入の効果:日本におけるファンフレンズ・プログラムの対照比較試験)
名 前 薛 陸景
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Altered brain activation to umami taste in patients with bulimia nervosa
(神経性大食症患者における「うま味」味覚への脳応答の変容)
名 前 濵田 裕幸
期 間 H24.4博士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Consideration of mental rotation for clinical rehabilitation from brain activation in an fMRI study
(リハビリテーションのためのメンタルローテーションに関する脳活動からの考察)
名 前 松木 悟志
期 間 H23.4博士課程入学〜H27.3修了
論 文 名 Screening for social anxiety disorder in senior high school students by using the Liebowitz social anxiety scale for children and adolescents
(児童思春期用リボビッツ社交不安尺度を用いた高校生の社交不安症のスクリーニング)
名 前 富澤 はるな
期 間 H23.4博士課程入学〜H27.3修了
論 文 名 Methyl-donor deficiency in developmental period affects memory and epigenetic status in the mouse hippocampus
(発達期メチルドナー欠乏による記憶と海馬内エピジェネティクス機構への影響)
名 前 永岡 紗和子
期 間 H23.4博士課程入学〜H27.3修了
論 文 名 Using metaphors in psychoeducation for depression and their relationship with autistic traits
(メタファーを用いたうつ病の心理教育と自閉傾向との関連)
名 前 大島 郁葉
期 間 H23.4博士課程入学〜H26.9修了
論 文 名 Autism Spectrum traits in Adults affect Mental Health Status via Early Maladaptive Schemas
(成人の自閉症スペクトラム傾向は早期不適応的スキーマを介して精神的健康状態に影響を与える)
名 前 石川 亮太郎
期 間 H23.4博士課程入学〜H26.3修了
論 文 名 Cognitive Appraisals That Exacerbate Mental Contamination In Obsessive Compulsive Disorder
(強迫性障害における精神的汚染を増悪・維持させる認知的要因の検証)
名 前 吉永 尚紀
期 間 H22.10博士課程入学〜H25.9修了
論 文 名 Effectiveness of Individual Cognitive Behavioral Therapy for Social Anxiety Disorder
(社交不安障害に対する個人認知行動療法の有効性)
名 前 石井 大典
期 間 H22.4博士課程入学〜H25.3修了
論 文 名 Behavioral and developmental mechanisms of extinction and spontaneous recovery in fear learning
(恐怖学習における消去と自然再燃の行動的、発達的メカニズム)
名 前 松田 真悟
期 間 H22.4博士課程入学~H25.3修了
論 文 名 Biological modulators of anxiety and fear behaviors in mice
(マウスにおける不安・恐怖行動の生物学的修飾因子)
名 前 須藤 千尋
期 間 H20.4博士課程入学~H24.3修了
論 文 名 Changes in self-regulation-related prefrontal activities in eating disorders: a near infrared spectroscopy study
(摂食障害患者の自己抑制に関連する前頭前野活動の変化:近赤外光スペクトロスコピーによる研究)
名 前 倉山 太一
期 間 H20.4博士課程入学~H23.3修了
論 文 名 Alterations of auditory P50 suppression in human classical fear conditioning and extinction
(ヒトにおける恐怖条件づけの形成および消去期における聴性誘発電位P50抑制の変化)
名 前 高杉 潤
期 間 H19.4博士課程入学~H23.3修了
論 文 名 Referred sensations induced by a mirror box in healthy subjects
(鏡の箱によって誘発される健常人のReferred sensation)
名 前 村山 尊司
期 間 H19.4博士課程入学~H23.3修了
論 文 名 Changes in the brain activation balance in motor-related areas after Constraint-Induced Movement Therapy; A longitudinal fMRI study
(CI療法後の運動関連領域における脳活動バランスの変化;fMRIによる縦断的研究)
名 前 吉田 晋
期 間 H14.4博士課程入学~H19.3修了
論 文 名 Anticipatory Postural Adjustments Modify Movement-Related Potentials of Upper Extremity Voluntary Movement
(予測的姿勢制御が運動準備過程に与える影響)
名 前 林 佑太
期 間 H27.4修士課程入学~H29.3修了
論 文 名 Relationship between autistic traits and cortical thickness in major depressive disorder and social anxiety disorder
(うつ病および社交不安症における自閉症スペクトラム特性と大脳皮質厚との関連)
名 前 岡本 洋子
期 間 H27.4修士課程入学〜H29.3修了
論 文 名 A preliminary study of the effectiveness of 5-minute internet based cognitive therapy training on time-course changes of the Brief Job Stress Questionnaire in the workplace
(職場における職業性ストレス簡易調査票の経時的変化への5分間インターネット認知療法トレーニングの効果に関する予備的研究)
名 前 勝嶋 雅之
期 間 H26.4修士課程入学〜H29.3修了
論 文 名 A feasibility study of cognitive behavioral therapy on psychiatric home-visit nursing for patients with schizophrenia
(統合失調症患者に対する精神科訪問看護における認知行動療法の実行可能性の研究)
名 前 山下 愛博
期 間 H26.4修士課程入学〜H29.3修了
論 文 名 Characteristics of a visual attention to social images of adults with autism spectrum disorder
(成人自閉スペクトラム症者における社会的映像に対する視覚的注意の特性)
名 前 杉元 志帆
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Reliability and validity of a newly developed instrumental activity of daily living index for independent life
(新しく開発した、自立した生活のための手段的日常生活動作評価表の信頼性・妥当性)
名 前 今度 知夏
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Anticipatory postural adjustments during unilateral shoulder abduction and adduction in healthy adults.
(健常成人における片側肩内外転運動時の予測的姿勢制御)
名 前 篠原 裕吏子
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Development of a new Mental Health Promotion Scale for 5-minute Cognitive Therapy Exercises
(5分間認知療法エクササイズに対応した、新規の心の健康づくり尺度の開発)
名 前 今泉 良子
期 間 H25.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 A prelimimary study of the feasibility of internet cognitive behavioral therapy after screening for depression in the workplace
(職場におけるうつ病スクリーニング後のインターネット認知行動療法の実施可能性に関する予備的研究)
名 前 田所 祐介
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Auditory mismatch negativity during dual-task walking in healthy adults.
(健常成人における二重課題歩行中の聴覚ミスマッチ陰性電位)
名 前 藍原 輝美枝
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Serum Brain Derived Neurotropic Factor (BDNF) in Depressed Patients Before and After Individual Cognitive Behavior Therapy (CBT)
(うつ病患者の個人認知行動療法前後における血清BDNF)
名 前 佐原 佑治
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Transgenerational effects of methyl donors deficient diets in mice
(マウスにおけるメチルドナー欠乏の次世代への影響)
名 前 芋川 雄樹
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 A comparison of the lower trunk movement characteristics between the scooting forward in the long sitting position and the walking in healthy adults.
(健常成人における歩行と長坐位いざり移動の体幹下部の運動特性の比較)
名 前 吉田 理子
期 間 H26.4修士課程入学〜H28.3修了
論 文 名 Effectiveness of school-based cognitive behavioral intervention program for anxiety in 10- and 11-year-olds as short classroom activities
(短学活として学校で行う10~11歳向け不安の認知行動療法プログラムの有効性)
名 前 荒木 謙太郎
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 The reliability and validity study of the Screening Test for Aphasia & Dysarthria for patients with stroke.
(脳損傷例に対する言語障害スクリーニングテスト(STAD)の信頼性・妥当性試験)
名 前 熊谷 将志
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 The effect of inter-limb skill transfer on motor learning in patients with hemiparetic stroke: a randomized controlled trial.
(脳卒中片麻痺者の運動学習における両側手間転移効果: ランダム化比較試験)
名 前 藤枝 寿光
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 The immediate effects of mirror therapy on motor learning
(ミラーセラピーにおける運動学習の即時効果)
名 前 田中 麻里
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 Development and Evaluation of E-learning Content for Sexual Assault Prevention and Postvention
(性暴力被害の予防と事後対応に関するeラーニングコンテンツの開発と評価)
名 前 杉本 元子
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 Development of e-learning content to prevent dating violence and its preliminary effectiveness study
(デート中の暴力(デートDV)を防止するためのe-ラーニング・ コンテンツの開発及びその有効性に関する予備的研究)
名 前 谷 康弘
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 The effect of a hinged knee brace with flexion support system on genu recurvatum during walking in patients with stroke.
(脳卒中患者の歩行中の反張膝に対する膝関節屈曲アシスト装具の効果)
名 前 河合 琴美
期 間 H25.4修士課程入学~H27.3修了
論 文 名 Effect of methyl donor deficiency during adolescence in mice on stress tolerance, fear memory and hippocampal gene expression
(若年期マウスのメチルドナー欠乏がストレス耐性や恐怖記憶、 海馬での遺伝子発現に与える影響)
名 前 村神 瑠美
期 間 H24.4修士課程入学~H26.3修了
論 文 名 Muscle activation patterns in very slow walking are different from those of a natural gait
(健常成人の極低速域歩行における筋活動パターン)
名 前 野口 玲美
期 間 H24.4修士課程入学~H26.3修了
論 文 名 Effectiveness Study of self-help Cognitive Behavioral Therapy for Depressive Disorders in the workplace-pilot study-
(職場におけるうつ病を対象としたセルフヘルプ認知行動療法の有効性に関する研究―パイロットスタディ―)
名 前 後藤 悠人
期 間 H24.4修士課程入学~H26.3修了
論 文 名 A comparison of the movement characteristics between the kneeling gait and the gait in patients with hemiplegic stroke
(片麻痺患者における膝歩きと歩行の運動特性の比較)
名 前 古閑 靖子
期 間 H24.4修士課程入学~H26.3修了
論 文 名 Changes in cerebral blood flow after high-frequency repetitive transcranial magnetic stimulation on the left frontal lobe in bulimia nervosa : A preliminary near-infrared spectroscopy study
(神経性大食症における左前頭葉への高頻度反復経頭蓋磁気刺激後の脳血流変化:近赤外光スペクトロスコピーによる予備研究)
名 前 磯田 洋美
期 間 H24.4修士課程入学~H26.3修了
論 文 名 Web based Screening for Depression in the workplace
(職場におけるうつ病のウェブ上スクリーニングに関する研究)
名 前 佐藤 正司
期 間 H23.4修士課程入学~H25.3修了
論 文 名 Influence of anodal transcranial direct current stimulation to the right dorsolateral prefrontal cortex on the mismatch negativity as measured by the 'optimal' multi-feature paradigm
(健常者における右背外側前頭前野への陽極経頭蓋直流電気刺激がミスマッチ陰性電位に及ぼす影響)
名 前 平野 潤
期 間 H23.4修士過程入学~H25.3修了
論 文 名 tDCS on cerebellum affects millisecond time perception in healthy subjects
小脳に対する経頭蓋直流電気刺激が時間知覚に与える影響
名 前 揚戸 薫
期 間 H22.4修士課程入学~H24.3修了
論 文 名 Normative date for a new heading disorientation test:the Route Memory test
(新しい道順障害検査「ルートメモリーテスト」の標準化データの検討)
名 前 佐藤 裕貴
期 間 H22.4修士課程入学~H24.3修了
論 文 名 Alterations of monoamine levels during pregnancy
(妊娠に伴うモノアミン濃度の変化)
名 前 濱田 裕幸
期 間 H22.4修士課程入学~H24.3修了
論 文 名 Characteristics of a hand mental rotation task in healthy participants
(健常者における手のメンタルローテーション課題の特性)
名 前 小出 歩
期 間 H21.4修士課程入学~H23.3修了
論 文 名 The utility of Face Scale for the assessment of post stroke depression and physical rehabilitation.
(脳卒中後うつのアセスメントと身体的リハビリテーションのためのFace Scaleの有用性)
名 前 富澤 はるな
期 間 H21.4修士課程入学~H23.3修了
論 文 名 Comprehensive quantitative gene expression analysis in the process of mice fear conditioning
(マウス恐怖条件づけに伴う包括的定量遺伝子発現解析)
名 前 石井 大典
期 間 H20.4修士課程入学~H22.3修了
論 文 名 Enhancement of acoustic prepulse inhibition by contextual fear conditioning in mice is maintained even after contextual fear extinction
(文脈的恐怖条件づけによるPrepulse inhibition の変化の持続)
名 前 荻野 拓也
期 間 H20.4修士課程入学~H22.3修了
論 文 名 経頭蓋直流電気刺激が運動学習に与える効果
竏昼゚赤外線分光法を用いた検討竏驤€
名 前 松田 真悟
期 間 H20.4修士課程入学~H22.3修了
論 文 名 D-serine enhances extinction of auditory cued fear conditioning via ERK1/2 phosphorylation in mice
(D-セリンがERK1/2のリン酸化を介してマウスにおける音刺激による恐怖条件づけ記憶の消去を強める)
名 前 大塚 裕之
期 間 H19.4修士課程入学~H21.3修了
論 文 名 Altered transcallosal inhibition during action observation of unilateral finger movement through mirror
(片手運動の鏡像観察が半球間抑制へ及ぼす影響)
名 前 大庭 泉
期 間 H19.4修士課程入学~H21.3修了
論 文 名 Effects of acute SSRI on auditory fear extinction
(恐怖消去に対する単回SSRI投与の効果)
名 前 栗田 真季
期 間 H19.4修士課程入学~H21.3修了
論 文 名 Comprehensive Quantitive Gene Expression Analysis in the Process of Mouse Fear Conditioning
(マウスの恐怖獲得過程における包括的定量遺伝子発現解析)
名 前 佐藤 由美子
期 間 H19.4修士課程入学~H21.3修了
論 文 名 Effects of neuropeptide Y in the expression and extinction of fear memory extinction.
(条件づけした恐怖記憶の発現と消去におけるNeuropeptide Yの効果)
名 前 南部 誠
期 間 H19.4修士課程入学~H21.3修了
論 文 名 Impaired P50 suppression in fear extinction in obsessive-compulsive disorder
(強迫性障害における古典的条件づけの獲得・消去に伴うP50抑制の変化の検討)
名 前 吉田 純子
期 間 H19.12修士課程神経生物学より~H21.3修了
論 文 名 Inhibition of branching and spine maturation by repulsive guidance molecule (RGM) in cultured neurons
(Repulsive guidance molecule (RGM) による、培養大脳皮質神経細胞のbranchingと突起成熟の阻害)
名 前 倉山 太一
期 間 H18.4修士課程入学~H20.3修了
論 文 名 Alterations of auditory P50 suppression in human classical fear conditioning and extinction
(古典的恐怖条件づけの形成および消去過程における聴性誘発電位P50抑制の変化)
脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。