当研究室について

研究テーマ

動物を用いた記憶・学習および不安・恐怖の分子メカニズム及び治療薬の研究

Mechanism of fear and anxiety learning and extinction

強固な恐怖記憶とそれに基づく身体反応という動物モデルの1つが、古典的条件づけ反応を利用したマウスモデルである。マウスは恐怖を感じると特有の恐怖反応(すくみ反応、Freezing)を起こすが、音や光と共に電気ショックを与えるとその関連を学習し、音や光が提示される(それらに暴露される)だけで、すくみ反応を起こしてしまう(恐怖の獲得)。しかし、音や光のみを提示し続けると、やがてマウスは音や光のみでは電気ショックが来ないことを学習し、すくみ反応をしなくなる(恐怖の消去)。

さらにその学習には脳の海馬、扁桃体、内側前頭前野(medial Prefrontal Cortex, mPFC)の絡むネットワークが関与していることが知られる。

当教室では、そのようなマウスと実験パラダイムを用いて、不安や恐怖記憶の脳への固定・消去時に働く分子メカニズムの解明と、治療に有望な新たな薬物の開発を目指している。

Classical fear conditioning paradigm is used as one of the animal models for researching mechanism of fear/anxiety memory. Pairing of unconditioning stimulus (US) such as electrical foot shock and conditioning stimulus (CS) such as tone or light elicits rodents freezing behavior, which is called fear acquisition. Rodents who learned fear show freezing response only with such CS. However, after the repeated CS alone presentations, they soon decrease such behaviors, which is assumed as new learning called fear extinction. The learning/extinction of fear is considered to involve the neural circuit comprised of hippocampus, amygdala and medial prefrontal cortex.

Our lab is focusing on the molecular mechanisms under the fear learning/extinction and development of new treatment approach for overcoming fear memory.


事象関連電位および脳機能画像による脳機能解析と病態解明

Analysis of Brain functioning under the pathologic basis of psychiatric diseases by using event-related potential and functional brain imaging

恐怖の獲得やその消去において見られる大きな個人差の背景に、脳の生理的応答が異なることが関与している可能性がある。一例としては、感覚ゲート機構を反映しているとされる事象関連電位P50を対象に、健常者と、不安障害圏患者で、恐怖獲得と消去段階における波形の差を報告している。さらに、不安障害や恐怖症患者に対して行われる認知行動療法によって生ずる脳内変化をfMRI(機能的MRI)やNIRS(近赤外スペクトロスコピー)などの機能的脳画像を用いて研究を進めている。

Difference in physiological response such as event-related potentials might be related to the individual differences on acquisition/extinction of fear memory. For example, we reported the difference in P50 response, which is assumed to represent sensory-gating mechanism of the brain, between normal controls and obsessive-compulsive disorder patients (Hashimoto et al., 2008; Nanbu et al., 2010).

By using fMRI and near-infrared spectroscopy (NIRS), our lab is also focusing on the internal change in the brain function arising from cognitive-behavior therapy (CBT).


不安障害・恐怖症に対する認知行動療法に関する研究

千葉大学 子どものこころの発達教育研究センターと連携した研究)

うつ病、全般性不安障害、強迫性障害、社交不安障害(対人恐怖症)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、パニック障害、過食症、拒食症、発達障害、パーソナリティ障害など、それぞれの疾患に特異的な病態モデルに基づいた治療プログラムの開発と学童期、思春期、前青年期などの年齢特性にあわせた手法開発と人材養成。

千葉大学 子どものこころの発達教育研究センター

当教室では、動物やヒトを対象とした、行動解析(恐怖条件付け、open field、高架式十字迷路、social interaction)、分子生物学的手法(RT-PCR、ウエスタンブロットなど)、電気生理学的手法(脳波、神経筋電位)を用いての様々な実験・研究が可能です。上記のテーマ以外でも脳や神経を対象とした研究に興味と意欲を持つ様々な方の参加をお待ちしています。

研究内容を更に詳しく
お問い合わせ 〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学(旧 神経情報統合生理学)
TEL:043-226-2027(受付)/FAX:043-226-2028
E-mail:neurophys1@ML.chiba-u.jp
  • 千葉大学大学院医学研究院精神医学教室
  • 放射線医学総合研究所
  • 千葉県立保健医療大学
  • 帝京大学ちば総合医療センター
  • 国立病院機構村山医療センター
  • 千葉大学社会精神保健教育研究センター
  • 東京湾岸リハビリテーション病院
脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。