業績・学会活動

学会活動[2018年]

  1. 高橋真奈美、脳機能光イメージング画像補正法の開発 ~緑色蛍光に対する血流変動による影響の補正~. 第8回核医学画像解析研究会. 秋田県. 2018/12/08.
  2. 永田忍 高梨利恵子 松木悟志 清水栄司、テレビ電話による遠隔認知行動療法を実施したパニック症の一事例、第18回 日本認知療法・認知行動療法学会. 岡山コンベンションセンター. 2018/11/23-25.
  3. 澁谷孝之. 「心理臨床におけるbio-psycho-social model」. 日本心理医療諸学会連合(UPM)第31回大会・シンポジウム. 東京大学. 2018/11/11.
  4. 澁谷孝之. 「パニック症の認知行動療法」「社交不安症の認知行動療法」日本心理医療諸学会連合(UPM)第31回大会・講習会. 東京大学. 2018/11/11.
  5. 濱谷沙世、平野好幸、林佑太、二瓶正登、高橋純平、清水栄司.社交不安症における認知行動療法の治療反応性への予測:中枢性統合の観点から. 第45回日本脳科学学会,千葉. 2018/11/10–11.
  6. 松本一記, 須藤千尋, 関陽一, 沼田法子, 高梨利恵子, 横尾瑞恵, 吉田斎子, 中川彰子, 清水栄司. 強迫症・社交不安症・パニック症の患者への在宅WEB会議による遠隔認知行動療法のシングルアーム試験. 第22回日本遠隔医療学会学術大会. 九州大学医学部百年講堂・同窓会館. 2018/11/10.
  7. 濱谷沙世, 沼田法子, 大城恵子, 伊吹英恵, 田中麻里 , 薛陸景 , 松本一記 , 平野好幸, 清水栄司. 過食症へのテレビ電話による認知行動療法の単群試験. 第22回摂食障害学会学術集会,沖縄. 2018/11/8-11/09.
  8. 大平育世, 濱田伊沙名, 浦尾悠子, 清水栄司. 「不安の認知行動療法に基づく予防教育プログラム―これまでの研究成果と今後の展開―」. 第3回千葉大学グローバルプロミネント研究基幹シンポジウム. 2018/11/06.
  9. 松本一記, 清水栄司, 濱谷沙世, 吉野晃平, 白山幸彦, 佐藤康一. 「産後パニック症への認知行動療法の効果:2症例報告」. 第15回日本周産期メンタルヘルス学会. 神戸女子大学ポートアイランドキャンパス. 2018/10/28.
  10. 高橋真奈美、漆畑拓弥、田桑弘之、高堂祐平、松浦哲也、清水栄司、佐原成彦、樋口真人、伊藤浩. フラビン蛋白蛍光を利用した脳機能イメージングにおける脳血流の影響の補正法の開発. 第61回日本脳循環代謝学会学術集会, 岩手県. 2018/10/19-20.
  11. 廣瀬素久, 八木三千代, 中川彰子, 清水栄司. 調剤薬局にて認知行動療法的服薬指導を行った一症例気分障害・不安障害患者へのアプローチ~服薬拒否から減薬まで~. 大原学園金沢校, 石川. 2018/09/23.
  12. 富安もよこ、相田典子、柴崎淳、榎園美香子、立花泰彦、川口拓之、佐藤公彦、草切孝貴、村本安武、北川藍、清水栄司、小畠隆行、東達也.早産児の新生児期における脳内代謝物濃度/脳容積/DKI解析値の発達の予後予測性の検討.第46回日本磁気共鳴医学会大会.金澤.2018/09/07-09.
  13. 山本利枝、鈴木水季、香川隆太、渡辺弥生、西田千鶴子、学校における「レジリエンス教育」の取り組み子どものレジリエンス力を引き出し高める教育実践の工夫第20回日本学校心理学会東京. 2018/07/27-28.
  14. Matsuda S, Tomizawa H, Tohyama S, Furuya Y, Sahara Y, Ichinohe N Suto F, Matsuzawa D, Shimizu E, Mizutani A. Sex differences in immune sytem and fear extinction., The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe Convention Center, Japan. 2018/07/28.
  15. Sahara Y, Matsuzawa D, Fuchida T, Goto T, Sutoh C, Shimizu E., Positive effect of environmental enrichment on fear extinction is affected by presence or absence of methyl donor in mice. The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe Convention Center, Japan. 2018/07/27.
  16. Hamatani S, Hirano Y, Numata N, Shimizu E. Successful cognitive behavioral therapy for obsessive compulsive disorder in an adolescent combined with generalized anxiety disorder: a case report. 2nd Regional Meeting of International Society for Adolescent Psychiatry and Psychology (ISAPP). Osaka, Japan. 2018/06/29-07/1.
  17. 荒木謙太郎、小薗真知子、浅田一彦、清水栄司:言語障害スクリーニングテスト(STAD)のカットオフポイントの検討.第19回日本言語聴覚学会. 富山. 2018/06/22-23.
  18. 三尾眞由美 中学校におけるシングルセッションのユニバーサルメンタルヘルスプロモーションプログラムの開発、第119回日本小児精神神経学会、跡見学園女子大学 文京キャンパス、東京. 2018/06/09.
  19. 松本一記, 佐藤康一, 濱谷沙世, 田口佳代子, 吉野晃平, 白山幸彦. 「加害恐怖から音楽プレーヤーを手放せない強迫性障害の男性 松本一記(帝京大学ちば総合医療センター メンタルヘルス科. 第23回千葉総合病院精神科研究会「嗜癖とその周辺」. ホテルグリーンタワー幕張, 千葉.2018/04/14.
  20. 杉田克生、粉川あずさ、金育美、ホーン・べヴァリー、松澤大輔、浅野由美、宮本清美、杉田記代子「英語読字障害児の療育支援システム樹立への取り組み」第209回日本小児科学会千葉地方会 千葉大学医学部附属病院3階大講堂. 2018/02/11.
  1. 松澤 大輔 「自閉症スペクトラム症ASDと注意欠陥多動性障害ADHDについて」「医師から親に伝えたいこと」全日警ホール 市川市八幡市民会館 2018/01/31.
  1. 佐二木順子. 雑誌「週刊現代」の取材を受けました。週刊現代2018年8月6日号(講談社)

脳とこころの科学研究お役立ち情報

脳科学研究を志す方にお役に立つリンク集です。リンク先サイトの特色も一緒にご紹介しています。