ヒト・造血免疫系由来 iPS細胞を用いた疾患治療モデルの構築

採血に協力して下さる方を募集しています


募集ポスター

現在、千葉大学医学部附属病院、千葉大学大学院医学研究院 および理化学研究所統合生命医科学研究センターでは、「ヒト・造血免疫系由来 iPS細胞を用いた疾患治療モデルの構築」を行い、 免疫細胞の一つであるNKT細胞を用いて、難治性がんである頭頸部がんや肺がんに対する新しい治療法開発を目指しています。血液中のNKT細胞よりiPS細胞を作成し、そのiPS細胞から抗がん作用を有するNKT細胞の作成を行います。

そこで、この研究を実施するために血液を提供して下さるボランティアを募集しています。

1.対象: 健康な20歳以上60歳未満の男女、医師による問診・診察後、基準を満たしている方
2.採血場所: 千葉大学医学部附属病院5階 臨床研究センター
3.採血の方法・量 静脈全血採血で、最大でも80mLを1回と、30mLを1回の計2回です。
採血方法は健診等で行われる一般的な方法です。
4.採血日時: 月〜金 午前9時〜午後3時
事前予約制で具体的な時間はご相談いただけます。
5.負担軽減費: 交通費等の負担を軽減するために、1回の外来あたり7,000円が支払われます。(最大2回まで)


ボランティアに応募して下さる方、またこの研究について詳しく知りたい方は、下記の窓口にご連絡ください。

担当
免疫細胞医学 本橋 新一郎
住所
千葉大学大学院医学研究院
〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
TEL
043-226-2827
MAIL
motohashi@faculty.chiba-u.jp

PageTop