研究について

ページタイトル画像

研究グループ紹介


当科では、日常臨床のみならず、臨床研究、基礎研究を積極的に行っており、その成果については国内のみならず、広く世界に発信しております。

臨床研究グループについては、主に各臨床検査や治療に基づいてセクションが分かれています。具体的には、冠動脈造影検査(Coronary Angiography: CAG)などの血管造影検査、経皮的冠動脈形成術(Percutaneous Coronary Intervention: PCI)などの血管内治療を担当する冠疾患グループ、CT(コンピューター断層撮影)検査や、MRI(核磁気共鳴)検査、超音波(エコー)検査、ラジオアイソトープ(RI)検査、ポジトロン断層撮像(PET)検査など、非侵襲的画像検査を用いて循環疾患の診断を行う各画像グループ、不整脈疾患に対するカテーテル検査(心臓電気生理学検査)や、カテーテルアブレーション治療、ペースメーカーや植え込み型除細動器を用いた侵襲的治療を担当する不整脈グループ、閉塞性動脈硬化症などの下肢の虚血性疾患に対して末梢血単核球細胞を用いた血管再生治療を行うトランスレーショナルリサーチグループに分かれています。

各グループには当科の医師が所属し、対象疾患に対する臨床検査・治療のみならず、患者様にご協力を頂いた上で臨床研究も行っています。そこから得られた研究成果については例年、American Heart Association(米国心臓病協会)やAmerican College of Cardiology (米国心臓病学会)の年次集会などの多くの国際学会や、英語論文などを通して数々の研究報告を行い、世界の循環器診療をリードすべく日々研鑽を積んでおります。

さらに当科では、主に心不全や高血圧、再生治療(心筋・血管)に関する基礎研究や、それらの臨床応用を目的としたトランスレーショナルリサーチも盛んに行っております。基礎研究グループは、第3研究室、第5研究室:筋再生医療、前述のトランスレーショナルリサーチグループ、の3グループに分かれています。当科の基礎研究チームの研究内容は世界一流の科学雑誌(例 Nature Med 2004, Nature Med 2005, Nature Cell Biol 2004)に掲載されており、その業績は国内外で高く評価され、多くの学会等で賞も受賞しています。臨床研究チームと同様、現在も国際学会や英語論文にて多数の研究報告を行っています。

以降のページではこれら当科の各研究グループについて、詳細にご説明致します。