業績

ページタイトル画像

2016

原著/症例報告
Shikino K, Ohira Y, Ikusaka M. Scrub typhus (tsutsugamushi disease) presenting as fever with an eschar.
J Gen Intern Med 2016; 31 (5) : 582-582,doi:10.1007/s11606-015-3371-x.
Shikino K, Ikusaka M. Giant bilateral sporadic angiomyolipoma.
CMAJ 2016; 188 (11) : 821-,doi:10.1503/cmaj.150915.
Suzuki S, Ohira Y, Ikusaka M. Muscle hypertrophy in a patient with immunoglobulin D multiple myeloma.
J Gen Intern Med 2016; 31 (5) : 583-584,doi:10.1007/s11606-015-3528-7.
Shikino K, Ikusaka M. Split hand syndrome and syndrome of inappropriate antidiuretic hormone.
Mayo Clin Proc 2016; 91 (1) : 124-,doi:10.1016/j.mayocp.2015.10.013.
Shikino K, Suzuki S, Hirose Y, Ohira Y, Ikusaka M. Low back pain following sudden of abdominal pain in a patient with Crohn’s disease.
Am J Med 2016; 129 (4) : e9-e10,doi:10.1016/j.amjmed.2015.11.019 .
Kondo T, Terada K. An unexpected cause of urticaria.
Med J Aust 2016; 204 (7) : 266-,.
Shikino K, Ikusaka M, Miyahara M, Noda K, Ohira Y. Unilateral lower abdominal wall protrusion and umbilical deviation.
Clin Case Rep 2016; 4 (4) : 451-2,doi:10.1002/ccr3.524.
Shikino K, Katsuyama Y, Ohira Y, Ikusaka M. Acute onset elbow swelling.
Am Fam Physician 2016; 94 (3) : 243-244,.
Shikino K, Ohira Y, Ikusaka M. Oedema and thoracoepigastric vein dilatation on bilateral legs: adrenal gland tumor with inferior vena cava tumor thrombus.
BMJ Case Rep 2016; () : -,doi:10.1136/bcr-2016-214567.
Mito T, Hirota Y, Suzuki S, Noda K, Uehara T, Ohira Y, Ikusaka M. Bartonella henselae infective endocarditis detected by prolonged blood culture.
Intern Med 2016; 55 (20) : 3065-3067,doi:10.2169/internalmedicine.55.7006.
Shikino K, Ohira Y, Ikusaka M. Catamenial pneumothorax.
J Gen Intern Med 2016; 31 (10) : 1260-,doi:10.1007/s11606-016-3674-6.
Kondo T, Uehara T. An IgG4-related disease with fibroinflammatory lesions in the pleura, bile ducts, and pericardium .
CMAJ 2016; 188 (13) : 972-,doi:10.1503/cmaj.160186.
Shikino K, Hirota Y, Ikusaka M. Swelling of both arms and chest after push-ups.
Cleve Clin J Med 2016; () : -,.
Shikino K, Hirose Y, Ikusaka M. Oblique flashlight test: Lighting up acute angle-closure glaucoma.
J Gen Intern Med 2016; 3112 () : 1538-,doi:10.1007/s11606-016-3737-8.
Kajiwara H, Ohira Y, Ikegami A,Hanazawa N, Masuyama T, Kondo T, Shikino K, Ikusaka M. Utilizing a medical questionnaire to predict anxiety and depression in outpatients.
Int J Gen Med 2016; 9 () : 199-204,doi:10.2147/IJGM.S101556.
Hirose Y, Shikino K, Ikusaka M. An abscess of urachal remnant.
J Gen Intern Med 2016; () : -,.
Shikino K, Suzuki S, Yokokawa D, Ohira Y, Ikusaka M. Dialysis-related spondyloarthropathy with cervical amyloidoma.
Am J Med 2016; 129 (12) : e339-e340,doi:10.1016/j.amjmed.2016.06.057.
Shikino K, Ota T, Uehara T, Ikusaka M. Cholesterol crystal embolism.
Cleve Clin J Med 2016; () : -,.
Ohta M, Ohira Y, Uehara T, Keira K, Noda K, Hirukawa M, Shikino K, Kajiwara H, Shimada F, Hirota Y, Ikegami A, Ikusaka M. How Accurate Are First Visit Diagnoses Using Synchronous Video Visits with Physicians?.
Telemed J E Health 2016; 23 (2) : 119-129,doi:10.1089/tmj.2015.0245.
Hirose Y, Shikino K, Ikusaka M. Surfer’s ear & external auditory canal exostoses.
QJM 2016; 109 (11) : 759-,doi:10.1093/qjmed/hcw148.
Shikino K, Hirose Y, Nakagawa S, Ikusaka M. Non-episodic angioedema with eosinophilia.
BMJ Case Rep 2016; () : -,doi:10.1136/bcr-2016-217428.
Hirose Y, Hirota Y, Yokokawa D, Ohira Y, Ikusaka M. Acute sphenoiditis involving the second branch of the trigeminal nerve.
QJM 2016; 109 (11) : 745-746,doi:10.1093/qjmed/hcw156.
著書
大平善之,生坂政臣: 総合診療専門医の経験目標 一般的な症候への適切な対応と問題解決. 草場鉄周(編集主幹)編, 総合診療専門研修の手引き4〜何を教え学ぶか 工夫と実例〜, 初版, 中山書店, 東京, 2016: 91-97.
総説
野田和敬, 大平善之,生坂政臣. めまいへの診察アプローチ.
診断と治療 2016;104(1):13-19.
野田和敬, . めまいの病歴聴取.
レジデントノート 2016;17(18):3332-3338.
鋪野紀好, 生坂政臣, 伊藤彰一. Difficult patient 患者要因, 医師要因, 状況要因から考える.
Hospitalist 2016;4(4):792-796.
生坂政臣, . 地域医療研修のあり方.
地域医療 2016;54(1):18-19.
上原孝紀, 大平善之,生坂政臣. オンライン症状チェッカーを用いた診断・トリアージは精度不十分.
MMJ The Mainichi Medical Journal 毎日新聞出版 2016;12(4):216-217.
医事新報
廣田悠祐,大田貴弘,上原孝紀,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」多関節痛と赤目を主訴に受診した65歳の女性.
日本医事新報 2016; 4784: 1-2.
鋪野紀好,増山貴子,花澤奈央,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」眼痛、流涙、呂律障害を主訴に受診した77歳女性.
日本医事新報 2016; 4786: 1-2.
近藤健,上原孝紀,寺田和彦,高田俊彦,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」右頸部痛と発熱を訴えた85歳男性.
日本医事新報 2016; 4789: 1-2.
鋪野紀好,廣瀬裕太,野田和敬,森雅裕,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」体重減少と便秘を主訴に受診した81歳男性.
日本医事新報 2016; 4791: 1-2.
近藤健,梶原秀喜,廣瀬裕太,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」細菌性髄膜炎治療後の微熱と頭重感を主訴に受診した76歳男性.
日本医事新報 2016; 4793: 1-2.
廣瀬裕太,鋪野紀好,野田和敬,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」左鎖骨上窩の腫瘤を主訴に受診した68歳女性.
日本医事新報 2016; 4795: 1-2.
鋪野紀好,廣田悠祐,野田和敬,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」両腕の腫脹を主訴に受診した16歳男性.
日本医事新報 2016; 4797: 1-2.
鋪野紀好,野田和敬,山下智子,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」発熱,前胸部痛,息切れを主訴に受診した45歳女性.
日本医事新報 2016; 4799: 1-2.
鋪野紀好,稲葉加奈子,山下智子,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」起立時のめまいを主訴に受診した69歳男性.
日本医事新報 2016; 4802: 1-2.
野田和敬,大平善之,宮原雅人,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」発熱と口内炎を主訴に受診した28歳女性.
日本医事新報 2016; 4804: 1-2.
大田貴弘,鋪野紀好,岩本雅美,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」食欲低下、体重減少、腎障害を呈した69歳男性.
日本医事新報 2016; 4806: 1-2.
大田貴弘,鋪野紀好,野田和敬,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」発熱と意識障害を呈した59歳男性.
日本医事新報 2016; 4810: 1-2.
鈴木慎吾,廣瀬裕太,野田和敬,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」両肩痛を訴えた筋肉質の高齢女性.
日本医事新報 2016; 4812: 1-2.
野田和敬,鋪野紀好,上原孝紀,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」両下腿浮腫を主訴に受診した44歳女性.
日本医事新報 2016; 4815: 1-2.
廣瀬裕太,池上亜希子,上原孝紀,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」嗄声と呼吸困難を主訴に受診した69歳女性.
日本医事新報 2016; 4817: 1-2.
鈴木慎吾,廣田悠祐,野田和敬,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」座ると出現する左下腹部痛を訴えた56歳男性.
日本医事新報 2016; 4808: 1-2.
鈴木慎吾,池上亜希子,増山貴子,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」進行性の背部痛を訴えた72歳女性.
日本医事新報 2016; 4821: 1-2.
横川大樹,鋪野紀好,廣瀬裕太,武井亮憲,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」臍周辺の痛みと排尿時痛を主訴に受診した43歳男性.
日本医事新報 2016; 4819: 1-2.
佐藤恵里,野田和敬,上原孝紀,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」1年前からの繰り返す異常行動を主訴に受診した24歳男性.
日本医事新報 2016; 4823: 1-2.
鈴木慎吾,廣瀬裕太,野田和敬,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」両下腿浮腫を訴えた67歳女性.
日本医事新報 2016; 4828: 1-2.
鋪野紀好,勝山陽太,野田和敬,入江康文,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」右肘の腫張を主訴に受診した50歳男性.
日本医事新報 2016; 4825: 1-2.
横川大樹,鋪野紀好,曽我井大地,廣瀬裕太,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」繰り返す初熱、腹痛、皮疹を主訴に受診した48歳女性 .
日本医事新報 2016; 4830: 1-2.
鋪野紀好,廣瀬裕太,野田和敬,上原孝紀,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」頭痛、悪心、霧視を呈した89歳女性.
日本医事新報 2016; 4832: 1-2.
鈴木慎吾,池上亜希子,平沼仁美,大平善之,生坂政臣. 「キーフレーズで読み解く外来診断学」繰り返す腹痛を訴えた22歳女性.
日本医事新報 2016; 4834: 1-2.
学会発表
鋪野紀好, 鈴木慎吾、野田和敬、大平善之、横川大樹、廣田悠祐、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、上原孝紀、生坂政臣. Fever and back pain with abdominal aorta tenderness: Clinical key to Takayasu aarteritis.
ACPJ 2016. 2016/06/04, 京都
鋪野紀好, 大平善之、佐藤恵里、廣瀬裕太、三戸勉、島田史生、廣田悠祐、増山貴子、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、鈴木慎吾、野田和敬、上原孝紀、生坂政臣. 日常診療における行動科学的視点を用いた見逃し回避の取り組み.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 2016/06/11, 東京
三戸勉, 鋪野紀好、大平善之、横川大樹、大田貴弘、勝山陽太、佐藤恵里、廣瀬裕太、山下志保、梶原秀喜、近藤健、鈴木慎吾、野田和敬、上原孝紀、生坂政臣. 本邦におけるDifficult Patientの疫学調査および生物・心理・社会問題との関連.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 2016/06/11, 東京
鋪野紀好, 光永伸一郎、柿澤公考、宮原雅人、生坂政臣. フリーソフトを用いたe-ポートフォリオ導入とその教育支援効果および研究ツールとしての有用性に関する研究.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 2016/06/11, 東京
鋪野紀好, 宮原雅人、野田和敬、大平善之、生坂政臣. 両側上眼瞼浮腫を呈した涙腺原発MALTリンパ腫の1例.
第625回日本内科学会関東地方会. 2016/07/10, 東京
鋪野紀好, 大平善之、野田和敬、廣田悠祐、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、鈴木慎吾、上原孝紀、伊藤彰一、生坂政臣. クラウド型フリーソフトを用いたe-ポートフォリオ導入による教育支援効果と利用継続性に関する検討.
第48回日本医学教育学会大会. 2016/07/29, 大阪
池上亜希子, 生坂政臣,大平善之, 鋪野紀好,上原孝紀, 野田和敬. The effectiveness of problem-based learning for comprehensive approach based on a patient-simulated video with his/her daily life.
AMEE 2016. 2016/08/29, Barcelona, Spain
鋪野紀好, 大平善之, 池上亜希子,野田和敬,Daniel Salcedo,生坂政臣. Speech recognition software generated clinical interview transcripts: An effective tool to improve feedback outcomes.
AMEE 2016. 2016/08/29, Barcelona, Spain
廣田悠祐, 鈴木慎吾、大平善之、佐藤恵里、廣瀬裕太、三戸勉、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、鋪野紀好、野田和敬、上原孝紀、生坂政臣. 検査費用表示による検査費削減効果に関する検討.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 2016/06/11, 東京
鋪野紀好, 生坂政臣,大平善之, 廣田悠祐、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、鈴木慎吾、野田和敬、上原孝紀. 医療機能情報提供制度が患者受療行動に及ぼす影響に関する検討.
第113回日本内科学会総会・講演会. 2016/04/17, 東京
横川大樹, 鋪野紀好、廣瀬裕太、曽我井大地、廣田悠祐、池上亜希子、梶原秀喜、近藤健、野田和敬、上原孝紀、大平善之、生坂政臣. Familial Mediterranean fever with recurrent erysipelas-like erythema.
ACPJ 2016. 2016/06/04, 京都
稲葉加奈子, 柿澤公孝、光永伸一郎、大平善之、生坂政臣、齋藤登、川名正敏. 訪問診療患者において在宅死に影響を得た得る因子の検討.
第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会. 2016/06/11, 東京
ワークショップ
鋪野紀好, タスクフォース.
第14回千葉大学卒後臨床研修指導医養成ワークショップ. 2016/01/31
総合診療部スタッフォ, 明日からデキるDifficult Patientへの対応〜プライマリ・ケアで良質な患者中心の医療を提供するために〜.
第11回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー. 2016/02/21
総合診療科スタッフ, 明日からデキるDifficult Patientへの対応(実践編)〜プライマリ・ケアで良質な患者中心の医療を提供するために〜.
第7回日本プライマリ・ケア連合学術大会. 2016/06/12
生坂政臣, 鋪野紀好, 臨床推論.
研修医OSCE大会. 2016/03/21
総合診療科スタッフ, webで診断!〜明日から使えるweb診断ツールの活用法〜.
第7回日本プライマリ・ケア連合学術大会. 2016/06/12
鋪野紀好, 研修医の評価.
第11回千葉県臨床研修指導医養成講習会. 2016/11/19
総合診療科スタッフ, 家庭医・総合診療医を目指す人のための外来診断学-網羅的情報収集から的を絞った診療へ-.
第28回学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナー. 2016/08/08
鋪野紀好, ポートフォリオのトリセツ〜作成から始動まで〜.
第5回日本プライマリ・ケア連合学会 関東甲信越ブロック地方会. 2016/11/27
講演
鋪野紀好. 保健室での見立てのコツ.
四街道市保健研究会. 2016/01/12, 四街道市
鋪野紀好. 医師という職業〜総合診療医としてのアプローチ.
河合塾KALSスペシャルイベント 医学部学士編入フェア. 2016/03/20, 新宿区
鋪野紀好. 保健室での見立てのコツ-総合診療的アプローチで危険な疾患を見抜く.
養護教諭ステップアップセミナー2016. 2016/07/28, 千葉市
生坂政臣. ドクターG の情熱カンファレンス.
東京大学五月祭. 2016/05/14, 東京
生坂政臣. 小児神経診療のための診断推論-診断推論とは何か-.
第 58 回日本小児神経学会学術集会. 2016/06/02, 東京
大平善之. プライマリ・ケアにおける発熱のみかた〜総合診療的アプローチ〜.
第162回内科懇話会(千葉市医師会内科医会講演会). 2016/06/17, 千葉
大平善之. めまいへの総合診療的アプローチ〜病歴を中心に〜.
群馬郡医師会学術講演会. 2016/03/25, 高崎市
鋪野紀好. 保健室での見立てのコツ.
第13回全国国立高等専門学校学校学生支援担当教職員研修. 2016/12/14, 東京都
生坂政臣. 診断推論とは.
特別講演会. 2016/07/02, 埼玉県
生坂政臣. 医師はどのように診断するのか 診断プロセスの分析.
特別講演「日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会」. 2016/08/27, 千葉
生坂政臣. コ・メディカルのためのCOPDセミナー、隠された呼吸器疾患〜ドクターGの経験より〜.
第53回日本臨床生理学総会. 2016/10/29, 東京
生坂政臣. 症例で学ぶ診断方略.
第1回東千葉GIMセミナー. 2016/10/09, 千葉
上原孝紀. 千葉大総診式診断推論 診断の中核「合わない」を正しく使おう.
第32回高知臨床推論ケースカンファレンス. 2016/10/30, 高知
大平善之. いわき志塾.
平成28年度第6回いわきグローバルアカデミー いわき志塾. 2016/11/05, 福島県いわき市
大平善之. 頭痛のみかた〜病歴中心のアプローチ法〜.
第8回鳥取総合診療セミナー(オータムセミナー). 2016/10/22, 鳥取市
上原孝紀. 超高齢社会に対応する総合診療医養成事業 事業成果の共有と今後の課題.
「リサーチマインドを持った総合診療医の養成」文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業 第3回合同公開フォーラム. 2016/03/04, 千葉市
上原孝紀. 地域と大学でロールモデルを継続的に育てる仕組み作り.
「リサーチマインドを持った総合診療医の養成」文部科学省未来医療研究人材養成拠点形成事業 第4回合同公開フォーラム. 2016/11/18, 津
鋪野紀好. 大学病院における総合診療のあり方.
ちわなば 〜千葉で話・和・輪な場〜. 2016/12/18, 千葉市
鋪野紀好、横川大樹. 保健室で使えるフィジカルアセスメントの手技.
養護教諭勉強会(千葉・神奈川・東京・埼玉). 2016/12/25, 千葉市
主催
文部科学省未来医療研究人材要請拠点形成事業 第一回合同公開フォーラム. 2016/03/11. (千葉大学けやき会館)
マスメディア
生坂政臣.学童保育.
NHK;,,,2016/4/7.
生坂政臣、教室員一同.千葉大GMカンファレンス2016.
ケアネットテレビ;2016年8月10日公開,,,2016/8/10.
大平善之.医療現場からの提言.
千葉日報;2016年8月28日,,,.
生坂政臣.コ・メディカルのためのCOPDセミナー.
朝日新聞;2016年12月24日朝刊,,6,2016/12/24.
生坂政臣.多い感染症、不眠はうつ病疑う.
日本経済新聞;2017年1月28日朝刊,,,.
生坂政臣.総合診療医ドクターG 第16回(パーキンソン病).
NHK;,,,2016/10/12.
科内勉強会
. 慢性頭痛. 2016/01/15.
清田. 第8回Geriatric medicine. 2016/01/29.
. 第3回ポートフォリオ勉強会メンタル. 2016/02/04.
清田. Interview skills for residency application and beyond. 2016/02/19.
. 第4回ポートフォリオ勉強会プロフェッショナリズム. 2016/03/10.
清田. 第9回Geriatric medicine. 2016/03/18.
研究費
鋪野紀好(代表): 平成28年度研究費獲得促進プログラム(多様型A)「オンラインツールを用いた教材は身体診察スキルを向上させるか?−日本語版身体診察動画教材の作成−」.
生坂政臣(分担)、大平善之(分担)、野田和敬(分担)、鋪野紀好(分担): 平成28年度科学研究費助成事業(基盤研究C)「医療現場における対応困難事例の調査及び医療者教育法の開発〜患者中心の医療のために」.
生坂政臣(代表)、鋪野紀好(分担): 平成28年度千葉大学教育GP「超高齢社会とグローバル化に対応する次世代型医療人育成プロジェクト-医薬看における反転授業を用いたアクティブ・ラーニングの実践-」.
池上亜希子: 平成28年度ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)千葉大学英文校閲経費支援制度「日常生活が含まれた患者再現videoを利用したPBLの多方面からのアプローチへの有用性に関する研究」.
座長
生坂政臣. 地域・総合医療1( 513~518).
第113回日本内科学会講演会ポスターセッション. 2016/04/17, 東京.