募集

ページタイトル画像

先輩からのメッセージ

2015年入局 横川大樹さん(千葉大学医学部附属病院)

2013年福井大学卒。2015年から千葉大学総合診療科に在籍させてもらい、家庭医療専門医(日本プライマリ・ケア連合学会)と総合内科専門医(日本内科学会)の2つの専門資格をまた、入局2年目から大学院に通い、博士号も一緒に取得しました。無理なく自分のペースでキャリア形成することができています。研究や助成金申請の方法などを教えて貰う機会もあり、自分でも少しずつできるようになりました。研究結果を論文にして、社会に還元していきたいと思っています。
趣味は動画配信サービスでお笑い動画を見ること、ゲーム(デジタル・アナログ共)をすることです。趣味が講じて健康の知識を楽しく学ぶボードゲームの開発を有志と行っています。

2018年入局 石塚晃介さん(現横浜市立大学医学部総合診療医学)

千葉大総診で総合診療専門医の1期生として研鑽させて頂き、現在は母校の横浜市大で勤務しています。自分が総合診療医になろうと思ったきっかけは、大学4年生の研究期間で総合診療科を選択した時です。500名弱の患者さんに直接聞き取りアンケート調査を行い、患者さんが何を期待して病院を受診するか、受診理由に関して研究を行いました。患者さん目線で総合診療に対してどんな期待を持っているのかを言語化したことは大きなモチベーションとなりました。治療のスタートラインに立てず長年苦しんでいる患者さんが多くいる現場を見て、大学病院では診断に対するニーズが大きいと実感しました。加えて、中小病院では地域の急病に対応し、緩和医療も行える病院総合医、市中では適切な見立てのもとに治療・ケアの個別性を具現化できる家庭医として、働く場所に応じて求められる医療に柔軟に対応できる総合診療医になりたいと強く思いました。千葉大総診では、症状を細かなところまで聴取し、診療チーム一丸となって長年苦しんでいる患者さんに問診で診断に迫っていきます。そして、千葉県内外の豊富な連携施設で病院総合医、家庭医としてそれぞれのセッティングに応じて充実した研修を行うことができます。是非とも千葉大総診での研修をお勧めします!