千葉大学大学院医学研究院 眼科学
HOME 診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 入局・研修について

HOME > 入局・研修について > 眼科専門医を目指す方へ

眼科専門医を目指す方へ
はじめに
専門医取得に必要な眼科研修期間
研修課程
大学院および海外留学

はじめに

 視覚は外部からの情報の90%以上を占める重要な感覚情報です。高齢化社会が急速に進む中、良好なQOL維持のため、視覚情報の入力器官である眼球を扱う眼科は、一層その重要性が増しており、受診患者数も急増しています。千葉大学眼科は網膜硝子体疾患と緑内障に特に力を入れており、網膜硝子体手術を中心に年間1,600件以上の手術を行っています。

 眼科の卒後研修プログラムでは、小さな眼球における精緻な視覚情報処理に対する新鮮な驚きと、深い理解を基に、顕微鏡下手術を含む眼科診療技術を会得し、患者の目線に立って強い信頼関係の下にこれを実践します。このプログラムの当初の目的は日本眼科学会専門医の取得ですが、さらにその後、subspecialityの研修を行い、世の中の役に立つ眼科医として成長し続けることが最終目標です。
ページ先頭へ戻る

専門医取得に必要な眼科研修期間

下記の年限を日本眼科学会専門医制度研修指定病院で研修後、専門医試験(筆記および口頭)を受験する。
平成15年以前に卒業 5年間
平成16年以降に卒業 卒後臨床研修(2年間)終了後4年間
重要なお知らせ
平成18年以降に卒業予定で眼科志望の方は、千葉大学附属病院卒後研修プログラムのBコースを選択することをお勧めします。Bコースでは最後の7ヶ月間に眼科を選択することにより、千葉大学眼科での研修をより早く開始できます。
ページ先頭へ戻る

研修課程

1. 研修期間
1〜4年目 千葉大学病院、関連病院にて研修
5年目 専門医試験受験
2. 主な関連病院
主な関連病院(日本眼科学会専門医制度研修指定病院)はこちら
3. 週間スケジュール(千葉大学病院)
月曜日 08:00 術前ミーティング、医局会、回診
09:00 外来・病棟診察
18:00 造影眼底写真カンファレンス
火曜日 08:30 手術
水曜日 08:00 術後ミーティング、総回診
09:00 外来・病棟診察
木曜日 08:30 手術
金曜日 08:00 術後ミーティング
09:00 外来・病棟診察
4. 研修目標と内容
 千葉大学病院と関連病院において、眼科的知識、診療技術を身につけ、専門医試験受験資格に必要な眼科手術(100例以上の経験、20例以上の執刀)、症例(代表例数例)を経験する。また眼科学会において発表し、原著論文を執筆する。
1年目 外来検査、処置、病棟検査、処置
外眼部手術(翼状片、内反症、斜視)、白内障手術の執刀
網膜硝子体手術、緑内障手術などの第一助手
2年目以降 白内障、緑内障、網膜剥離手術の執刀
外来診察
学会発表(含地方会):2回以上
原著論文:筆頭著者として1編以上
ページ先頭へ戻る

大学院および海外留学

専門医取得後、ないしは研修中に大学院進学可能。
専門医取得後、ないしは研修中に海外留学(主に米国)可能。
留学先
The Schepens Eye Research Institute(Schepens Retina Associates Foundation)
The University of Houston College of Optometry
Johns Hopkins Medicine
ページ先頭へ戻る
診療案内(患者さま向け) 教室・研究について 入局・研修について 交通のご案内 お問い合わせ リンク English HOME
Copyright © 千葉大学大学院医学研究院 眼科学. All Rights Reserved.