過去のTopics

2016年2月23日
特任助教2名募集(詳しくは募集のペ−ジをご覧下さい)
2016年1月4日
2016年元旦 明けましておめでとうございます。年賀状
2015年10月26日
研究室の紹介を教授会で臨床系の教授向けに行いました
2015年9月29日
テクニカルスタッフ募集(詳しくは募集のペ−ジをご覧下さい)
2015年8月26日
遠藤裕介先生の論文がCell Reportsに掲載されました。肥満で増強するTh17細胞分化や関連疾患が脂質代謝酵素ACC1に起因することを発見しました。
千葉大とJSTでプレスリリースしました。
2015年8月25日
テクニカルスタッフ募集(詳しくは募集のペ−ジをご覧下さい)
2015年6月9日
平原潔先生の論文が『ライフサイエンス 新着論文レビュ-』で紹介されました
2015年5月19日
平原潔先生の論文が『Immunity』に掲載されました
2015年5月13日
「非小細胞肺癌に対するNKT細胞を用いた免疫細胞治療」の症例登録は終了しました 御協力ありがとうございました
2015年4月1日
中山教授が千葉大学医学研究院長、医学部長に就任しました
2015年4月1日
研究室が千葉大学のHP「研究室訪問」で紹介されました
2015年3月13日
遠藤裕介先生の論文が『ライフサイエンス 新着論文レビュ-』で紹介されました
2015年2月18日
遠藤裕介先生の論文が『Immunity』に掲載されました
2015年2月
特任助教(ポスドク)募集は締め切らせて頂きました
2014年12月
特任助教(ポスドク)募集(詳しくは募集のペ-ジをご覧下さい)
2014年8月25-26日
8月25,26日に米国SanDiego近郊のLa Jollaにて、中山がオ-ガナイズする第2回免疫記憶ワクチンシンポジウムが開催されました
2014年7月26日
未来医療教育研究機構主催のシンポジウムが7月26日に開催されました
2014年6月30日
中山教授が、平成26年7月1日付けで、千葉大学副学長(未来医療担当)と未来医療教育研究機構長に任命され、徳久学長の大学運営を助けることになりました
2014年4月10日
免疫細胞医学 テクニカルスタッフ募集(詳しくは募集のペ-ジをご覧下さい)
2014年1月6日
木村元子先生、二宮一茂先生、中村優里さんが免疫発生学に参加しました
2014年1月6日
中山教授のインタビュ-がResearchmapという研究者のサイトにupされました
2013年11月15日
Dr. Tumesの論文がImmunityに発表されました。JSTと千葉大学からpress releaseが行われました。NHKで放送されました。
2013年11月
特任助教(ポスドク)、テクニカルスタッフ募集は締め切らせて頂きました
2013年9月
特任助教(ポスドク)、テクニカルスタッフ募集(詳しくは募集のペ-ジをご覧下さい)
2013年8月
中山教授が事業責任者として申請していた「未来医療研究人材養成拠点形成事業」が採択されました
2013年4月
本橋先生が免疫細胞医学教授に就任しました
2013年2月
教室の先輩の木村元子さんの論文(Kimura YM et al. Nature Immunology 14:143, 2013)に関するnews and viewsを小野寺、Tumes、中山で書きました。同じ号のNature Immunologyに掲載されています。
2013年1月29日
免疫記憶-ワクチン国際研究会、第1回シンポジウム開催(東京)
千葉大学G-COE第12回ワ-クショップと共催
2013年1月28日
東京大学医科学研究所と合同G-COEシンポジウム開催(東京)
2012年11月22日
Nature Japanのwebに研究者訪問記事」が掲載されました
2012年10月1日
中山教授がプログラムコ-ディネ-タ-として申請していた、博士課程教育リ-ディングプログラム<オンリ-ワン型>「免疫システム調節治療学推進リ-ダ-養成プログラム」が採択されました
2012年9月8-9日
G-COEリトリ-ト、生命の森リゾ-ト日本エアロビクスセンタ-で開催
2012年7月21日
免疫発生学教室同窓会を開催(イベントのペ-ジをご覧下さい)
2012年7月14日
第11回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2012年7月1日
Nature ImmunologyのSox4の論文が千葉大からプレスリリ-スされました。読売新聞日本経済新聞時事通信社Wall Street Journal 他に記事が取り上げられました
2012年7月1日
桑原君の学位論文がNature Immunology online版に掲載されました
2012年5月
篠田君の学位論文がProc. Natl. Acad. Sci. USAに掲載されました。PNASにDr. Schoenbergerのコメントも載っています
2012年4月
花澤さんがG-COE特任研究員に着任、博士課程3名、修士課程5名、久保山さんがテクニシャンとして研究室に参加
2012年3月19日
未来医療教育研究センタ-発足シンポジウム開催
2012年2月
本橋准教授(免疫細胞医学)を中心に肺癌のNKT細胞治療が高度医療として開始
2012年2月
常世田先生が平成23年度千葉大学先進科学賞を受賞
2012年2月11日
第10回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2011年11月30日
第6回G-COEシンポジウム、幕張で開催
2011年11月27-29日
第40回日本免疫学会(中山は副会長)が幕張で開催されました
2011年11月23日
遠藤君の学位論文がImmunityに掲載されました
2011年10月1日
JST CREST(戦略的創造研究推進事業)「気道炎症の慢性化機構の解明と病態制御治療戦略の基盤構築」研究開始
2011年10月1日
小原さんがテクニシャンとして、Angelaさんが研究生として研究室に参加
2011年9月17-18日
G-COEリトリ-ト、大磯プリンスホテルで開催
2011年6月4日
第9回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2011年6月1日
Dr. TumesがG-COE特任助教に就任
2011年5月1日
山下 潤二君が千葉大学客員准教授に就任
2011年4月
本橋 新一郎先生が第3回千葉医学会賞、第16回ゐのはな同窓会賞(学術賞)をダブル受賞
2011年4月1日
常世田先生が講師に昇進、遠藤君、篠田君がG-COE特任研究員に着任、博士課程2名、修士課程2名が研究室に参加
2011年3月25日
遠藤君、篠田君が揃って「平成22年度医学薬学府長表彰」を受賞
2011年3月23日
東北地方太平洋沖地震で被災された方々の1日も早い復興を願って、免疫発生学で募金を始めました
2011年3月15日
「中山からのお礼と地震に関するメッセ-ジ」
2011年3月8日
Advanced Medicine Progress Seminar by Seeds Grant Competition Winners 2010
2011年2月22日
G-COEニュ-スレタ-Vol.3」が発行され、常世田先生、小野寺先生がResearch HighlightsでTOP見開きで紹介されました
2011年2月19日
第8回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2011年1月24日
遠藤 裕介くんが平成22年度G-COE Annual Best Research Award受賞
2010年12月
中山先生が書いた恩師Dr. Alfred Singerについての記事が実験医学に掲載
2010年11月
常世田 好司先生がRobert-Koch 2010最優秀ポスドク賞受賞
2010年10月
小野寺先生の学位論文がJ Exp Medに掲載されました
2010年9月
常世田 好司先生が第5回日本免疫学会研究奨励賞を受賞
2010年9月4-5日
G-COEリトリ-ト、生命の森リゾ-ト日本エアロビクスセンタ-で開催
2010年8月24日
国際免疫学会開催中 Lunchtime Special Session 'In memory of Prof. Tomio Tada' 開催
2010年8月20日
第4回G-COEシンポジウム、千葉大で開催
2010年6月26日
第6回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2010年4月
小野寺 淳くんがG-COE特任助教、鈴木 茜さんがG-COE特任研究員として就任。博士課程1名、修士課程3名が研究室に参加
2010年2月20日
第5回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2010年2月9日
小野寺 淳くんがG-COE Annual Best Research Award 2010受賞
2010年1月
山下 政克先生がかずさDNA研究所に室長として転出。千葉大学客員教授に就任
2009年12月
Dr. TumesがPostgraduate Academic Achievement Award受賞
2009年11月6日
第3回G-COEシンポジウム、千葉大で開催
2009年9月5-6日
G-COEリトリ-ト、生命の森リゾ-ト日本エアロビクスセンタ-で開催
2009年6月13日
第4回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2009年6月
山下 政克先生が第1回千葉医学会賞受賞
2009年5月30日
第3回G-COEワ-クショップ、千葉大で開催
2009年5月29日
第2回G-COEシンポジウム、千葉大で開催
2009年4月
Dr. TumesがDeans Commendation受賞
2009年4月
桑原 誠くんが特任研究員として就任。博士課程2名、修士課程4名が研究室に参加
2009年3月23-27日
第5回国際NKT細胞シンポジウムが鎌倉にて開催される。中山は副会長・事務局長として免疫発生学研究室が開催協力
2009年2月21日
第2回G-COEワ-クショップ、G-COE-RA研究進捗発表会開催
2009年2月
常世田 好司先生が独立助教として研究室に参加
2009年1月
Damon TumesさんがG-COEフェロ-として研究室に参加
2009年1月7-8日
第1回G-COEワ-クショップ、千葉大で開催
2009年1月6日
第1回G-COEシンポジウム、東京で開催
2008年10月30日
-11月1日
第17回日本バイオイメ-ジング学会学術集会を主催
2008年9月5日
第84回千葉医学会学術大会で多田富雄先生(特別講演)、中山俊憲(招待講演)の講演が決定。附属病院3階第1講堂、平成20年9月5日午後4時より
2008年7月28日
ホ-ムペ-ジをリニュ-アルしました
2008年7月1日
免疫細胞医学の本橋准教授のグル-プが未来開拓センタ-(新病院東棟1階)で研究を開始
2008年6月13-14日
第18回KTCC (Kyoto T Cell Conference)を主催
2008年6月3日
グロ-バルCOEプログラム「免疫システム統御治療学の国際教育研究拠点」(拠点リ-ダ- 中山俊憲)が採択される。研究期間は平成20年-24年度

HOMEへ