免疫発生学にようこそ

当研究室では、総勢約40名が免疫学の研究や教育を行っており、若手の大学院生や国内外の研究者と議論を活発に行う環境を整えています。免疫記憶の基礎研究を中心に、気道炎症疾患モデル研究、アレルギ-や癌のトランスレ-ショナルリサ-チを臨床の先生方と共同で進めています。...more

免疫発生学教授 中山 俊憲

Topics

2017年7月
平原先生が国際サイトカイン・インタ-フェロン学会のMilstein Young Investigator Awardを受賞しました
2017年6月28日
中山がImmunological Reviews誌のゲストエディタ-として編集した、”Allergic Inflammation”特集がonlineで出版されました
2017年6月
第21回日本がん免疫学会総会を2017年6月28〜30日に幕張で開催(主催)します 詳しくはHPをご覧下さい
2017年4月
中山研究室の研究がAnnual Review of Immunologyに掲載されました
2016年12月1日
当教室の研究活動が英国の雑誌 "IMPACT" で紹介されました
2016年11月
免疫細胞医学 テクニカルスタッフ募集は締め切らせて頂きました
2016年9月26日
木村先生の論文がNature Immunologyに掲載されました
2016年9月17日
林崎君の学位論文がScience Immunologyに掲載されました
論文はこちらのサイト経由で、無料でダウンロ-ドできます
NHKおはよう日本や朝日新聞ほかで研究内容が報道されました
2016年9月7日
平原先生が平成28年度千葉大学先進科学賞を受賞しました
2016年8月1日
那須 亮先生が特任助教として免疫発生学に参加しました
2016年7月25日
第21回日本がん免疫学会総会を2017年6月28〜30日に幕張で開催(主催)します ポスターが出来上がりました
2016年6月30日
平原先生が第8回千葉医学会賞受賞しました
2016年5月24日
「病気にかからない予防ワクチン」の開発に着手 千葉大学が米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に、共同研究拠点を設置
2016年5月18日、24日
千葉大学と米国カリフォルニア大学サンディエゴ校との共同研究拠点のニュ-スが日経新聞の記事に 24日日経新聞広告記事も掲載される
2016年5月2日
篠田君のinflammatory nicheの論文がPNASに掲載されました
2016年4月22日
免疫細胞医学 テクニカルスタッフ募集(詳しくは募集のペ−ジをご覧下さい)
2016年4月7日
細川君のGata3リン酸化の論文がNature Communicationsに掲載されました

...more

最終更新日