Environment alters epigenome and causes cancer 当講座は千葉大学医学部で昭和42年に開設された生化学第二講座に端を発します。
平成25年に分子腫瘍学と改称し、癌エピゲノム研究を遂行しています。

公開シンポジウム2016

ちばBCRC


 お知らせ
・<公募中ポスト>
2017.3.21 平成29年度卓越研究員の申請受付が開始されました(〜2017.4.25)。千葉大学ではゲノム情報や転写を制御する研究分野の若手研究者を募集しています(公募番号 Md14)。公募事業の案内はこちらです。

 セミナー
金曜PM、エピゲノム解析セミナーを開催中。講座外参加者歓迎。

最近のニュース
最終更新日 2017年7月12日
 
  • 2017.7.1 篠原憲一先生が助教(イノベーション医学)に就任いたしました。

    2017.6.2 第17回日本抗加齢医学総会が開催され、金田教授がシンポジウム「加齢に伴う発がん過程におけるがん幹細胞とエピゲノム異常のインパクト」において招待発表しました。

    2017.5.31 千里ライフサイエンスセミナーL1がんシリーズ第6回「エピゲノム情報に基づくがんの制御」が開催され、金田教授が招待講演しました。

    2017.5.23 第11回日本エピジェネティクス研究会年会が開催され、南波宏枝特任助教がEBV陽性胃癌において抵抗因子の発現低下によりDNA異常メチル化が誘導される分子機構について発表しました。

    2017.4.18 松坂助教、船田特任助教らが、正常胃上皮細胞においてEpstein-Barrウイルスの感染が4週間以内にDNA異常高メチル化を誘導すること、従来の低メチル化胃癌細胞株への感染と同様にヒト胃癌症例で見られる高メチル化像を再現すること、遺伝子プロモーターの周辺の低CpG領域から始まりより中心の高CpG領域へメチル化圧が広がること、などを証明し、J Pothol誌に報告しました。

    2017.4.4 高根特任助教らが癌遺伝子NRAS変異(+)大腸癌のDNA異常メチル化特性、臨床病理学的特性を発表し、Cancer Med誌にオンライン掲載されました。

    2017.4.1 南波宏枝先生が特任助教に就任いたしました。佐藤広明さん、小形武広さん(以上大学院生)、大鶴友子さん(講座受付)が研究室メンバーに新たに加わりました。

    2017.3.11 先端融合領域イノベーション創出拠点形成プログラム、第10回「システム疾患生命科学による先端医療技術開発」シンポジウムにおいて金田教授が招待講演しました。

    2017.2.24 平成28年度日本大学学部連携研究推進シンポジウム 新規バイオ医薬ピロール・イミダゾール(PI)ポリアミドの創薬開発国際シンポジウムにおいて金田教授が招待講演を、篠原特任助教がポスター発表をそれぞれしました。

    2017.2.6 技術情報協会が主催したセミナー「メチル化DNAの測定技術開発」で金田教授が講演しました。

    2017.2.4 第10回ちばBasic & Clinical Research Conferenceにおいて金田教授が招待講演を、スカラー(医学部3年)依田夏美さんが口演発表をそれぞれ行い、ゐのはな同窓会賞を依田さんが受賞しました。また第2回スカラーシップ奨励賞を依田さん及びスカラー(医学部4年)宮崎柊子さんが、スカラーシップ指導者賞を篠原特任助教及び喜多講師が、それぞれ受賞し表彰が行われました。

    2016.12.26 南波宏枝さんが東京大学大学院を卒業し、博士(医科学)を授与されました。おめでとうございます。

    2016.12.9 篠原特任助教、医学部生の依田さんらが、小分子化合物の細胞投与によりゲノム領域特異的にDNAメチル化を阻害した研究成果をACS Omega誌に報告しました。

    2016.12.2 第39回日本分子生物学会年会が11月30日〜12月2日、横浜で行われ、菅谷助教、岡部特任助教、眞野特任助教、大学院生の南波さん、浅川さん、医学部 3年生の依田さんがそれぞれ研究成果を発表しました。菅谷助教の発表演題が優秀ポスター賞に選ばれました。

    2016.11.17 第45回日本環境変異原学会がつくばで行われ、松坂助教がシンポジウム「発がんにおけるジェネティクスとエピジェネティクスの意義」において、病原体が誘導するDNA異常メチル化について発表しました。

    2016.11.5 胃上皮細胞でTET2がDNAメチル化の抵抗因子として働くが、Epstein-Barrウイルス (EBV)感染により発現抑制され異常メチル化獲得の原因となることを、大学院生の南波宏枝さんらが発表しオンライン掲載されました。

    2016.11.3 千葉県医師会医学会 第17回学術大会において金田教授が県民公開シンポジウムの招待講演をしました。

    2016.10.21 第228回Basic Science Joint Meetingにおいて岡部特任助教がクロマチン高次構造を含めたエピゲノム変化の統合的解釈について口演しました。

    2016.10.8 第75回日本癌学会学術総会が10月6日〜8日横浜で開催され、金田教授、松坂助教、岡部特任助教、高根特任助教、大学院生の浦辺さん、中川さん、Alagarswamyさんがそれぞれ成果を発表しました。

    2016.10.4 千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議が主催する「千葉県におけるゲノム医療実現に向けて」が幕張で開催され、金田教授が招待講演しました。

    2016.9.15 「再生システムと疾患・癌エピゲノム公開シンポジウム2016」を9/15〜9/16の2日間に渡り、細胞分子医学の岩間厚志教授と共催しました。招待講演は大阪大学・高倉伸幸教授、京都府立医科大学・鈴木孝禎教授をお招きし、2日間討議に大いに花を咲かせました。

    2016.8.26 胃癌転移を同定するマーカー蛋白について松坂助教が東京大学と進めた研究成果が、Oncotarget誌にオンライン掲載されました。

    2016.8.22 家族性大腸癌に少なくとも2つの異なる発癌分子経路が存在することを高根希世子特任助教らが同定し、Oncotarget誌に発表しました。

    2016.8.19 第7回関東研究医養成コンソーシアムにおいて医学部スカラーの邵東ィさん、宮崎柊子さん、依田夏美さん、井上貴登さん、松田和暁さんがそれぞれ研究発表しました。留学先の研究をポスター発表した邵さんがポスター賞を受賞しました。

    2016.8.18 船田特任助教が異常メチル化の獲得についてeLS誌に総説を報告しました。