診療

ページタイトル画像

医療従事者の皆さん

初診医体制のお知らせ

松江教授宛の紹介状を持参された場合でも,まずは予診医および初診医による診察を受けて頂いた後,必要と判断された患者さんに限り,あらためて外来教授回診(木曜日)を受診して頂く体制に変更させて頂いております。

 なお,当院を初めて受診される患者さんを対象とした初診外来は,月・水・金曜日の午前中(受付は,午前10時30分まで)です。また,以前に当院へ通院されていた患者さんでも,前回受診されていた疾患と異なる症状で受診される場合,あるいは前回受診時から3ヶ月以上の間隔が開いてしまった場合には,初診として扱わせて頂くことがありますので,ご了解頂ければと思います。

 当院は,原則として,紹介制をとっておりますので,ご紹介時にはお手数ではありますが,紹介状(診療情報の提供)をお願いします。

新患FAX予約のお知らせ

現在,当院を初診される患者さんの待ち時間を減らす試みとして,初診患者さんの情報を紹介先の主治医の先生が予め当院へFAXして頂くことで,IDやカルテを予め準備する体制を運用中です。これは,当院の新患受付窓口が混雑し,IDの発行やカルテの作成に時間がかかり,皮膚科外来へと患者さんがいらっしゃるまでの待ち時間が長くなってしまっているという現状を少しでも改善することを目的としております。

予約枠

千葉大学医学部附属病院病院のホームページにおいて,FAX予約方法の確認,用紙のダウンロードが可能です。
 なお,予約時間は受付の時間であり,診察開始時間ではないことをご了承頂くようお願い致します。なお従来通り、月・水・金曜日に紹介状持参されての当日受診も可能です。

他院からの借用標本の取り扱いについて

平成24年2月24日

各医療機関皮膚科担当先生 御侍史
 千葉大学医学部附属病院 皮膚科 外川八英(外来医長),松江弘之(教授)

謹啓

 春寒の候 貴院におかれましてはいよいよ清栄のこととお慶び申し上げます。

 平素より格別のご配慮をいただいており,大変恐縮ではございますが,このたび貴院より生検・手術標本などを持参されて受診される場合,標本を当院の病理部で一時保管する方針とさせて頂きました。これには昨今の医療事情により他院からの紹介の際に,当科の病理診断に加え病理部へコンサルトを行うことが多くなっている状況があります。

 御多忙中非常にお手数ではありますが,標本を付けて患者さんをご紹介頂いた場合,追ってHE標本のコピーは必ず,こちらの必要に応じて未染色標本(通常5枚,リンパ腫15枚)やブロックも御送付頂ければと存じます。
標本が届き次第,オリジナルの標本を御返却させて頂きます。

 なお,今後病理部ではバーチャルスライドの導入を検討しており,それまでの暫定的な対応と考えて頂ければ幸いです。今後ともご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

   謹白