教室紹介

ページタイトル画像

教室概要

千葉大学皮膚科は研修における絶好のロケーション

東京に隣接する千葉は、舞浜の東京ディズニーリゾート、モーターショーやエアレース、千葉マリンスタジアムの幕張ベイエリア、成田国際空港などで多くの皆さんに馴染みのある場所ではないでしょうか。そして千葉大学病院の近隣にはJEF千葉や千葉ジェッツの本拠地があり、非常にスポーツが盛んである地域でもあります。羽田空港や横浜までは、東京湾アクアラインを通れば1時間ほどであり、住んで良し、出かけて良しの絶好のロケーションです。

 千葉大学病院の皮膚科には人口600万人を超える千葉県内から、年間2000名を超える数多くの患者様が紹介されてきます。悪性腫瘍の方は200名以上に上り、悪性腫瘍の診断・治療の正しい知識と植皮を含む皮膚外科の基本的手技の基礎は,専攻医としての後期研修1年間で効率よく習得できます。稀な疾患からcommon diseaseまで数多くの症例を診療しており、日々の診療において技術向上すること請け合いです。

 研究面では以前から炎症・免疫・アレルギーを中心に、他科・他施設と連携しながら若手研究者(physician scientist)の育成に力を入れ、数多くの研究・発表を行っております。また現在はメラノーマなど皮膚癌における診断・治療に関する臨床的研究にも取り組んでいます。AI時代の今、遠隔医療を含めた新しい医療も視野に入れ、次世代を担う多くの皮膚科医の輩出と、多様性のある皮膚科学を目指しています。

 百聞は一見にしかず、ワーク・ライフ・バランスを実現しながら皮膚科専門医を目指したい皆さんに,是非一度私達の教室を見学して頂きたいと思います。見学は随時受け入れておりますが、基本的には回診・カンファレンスのある木曜日に来院していただき、教室の雰囲気を体感していただいております。ご希望の方は医局長まで,まずは E-mail にてご連絡下さい。

問い合わせ先

医局長:外川 八英(とがわ やえい)
E-mail:derma-hp(ここにアットマーク)chiba-u.jp

※メール連絡時のお願い:
迷惑メールとの混同を避けるため,メールの件名に「千葉大皮膚科見学希望」など,メールのタイトルを見ただけで内容が分かるものを付けて下さい。よろしくお願いします。