業績

ページタイトル画像

2018年

英文論文(原著)

Takada S, Kambe N, Kawasaki Y, Niwa A, Honda-Ozaki F, Kobayashi K, Osawa M, Nagahashi A, Semi K, Hotta A, Asaka I, Yamada Y, Nishikomori R, Heike T, Matsue H, Nakahata T, Saito MK. (2018)
Pluripotent stem cell models of Blau syndrome reveal an IFN-γ–dependent inflammatory response in macrophages.
J Allergy Clin Immunol. 141(1):339-349.e11.
PMID: 28587749

↑ 高田紗奈美医師 学位請求論文

Sumitomo T, Mori Y, Nakamura Y, Ogawa MH, Nakagawa S, Yamaguchi M, Matsue H, Terao Y, Nakata M, Kawabata S. (2018)
Streptococcal Cysteine Protease-Mediated Cleavage of Desmogleins Is Involved in the Pathogenesis of Cutaneous Infection.
Front. Cell. Infect. Microbiol. January 24 2018
PMID: 29416987
Baldry M, Nakamura Y, Nakagawa S, Frees D, Matsue H, Núñez G, Ingmer H. (2018)
Application of an agr-specific anti-virulence Compound as Therapy for Staphylococcus Aureus-induced Inflammatory Skin Disease.
J Infect Dis. May 4 2018
PMID: 29733353
Hashiguchi Y, Yabe R, Chung SH, Murayama MA, Yoshida K, Matsuo K, Kubo S, Saijo S, Nakamura Y, Matsue H, Iwakura Y. (2018)
IL-36α from Skin-Resident Cells Plays an Important Role in the Pathogenesis of Imiquimod-Induced Psoriasiform Dermatitis by Forming a Local Autoamplification Loop.
J Immunol. 201(1):167-182.
PMID: 29794016
Tamura A, Ogasawara T, Fujii Y, Kaneko H, Nakayama A, Higuchi S, Hashimoto N, Miyabayashi Y, Fujimoto M, Komai E, Kono T, Sakuma I, Nagano H, Suzuki S, Koide H, Yokote K, Iseki K, Oguma R, Matsue H, Nojima H, Sugiura K, Yoshitomi H, Ohtsuka M, Rahmutulla B, Kaneda A, Inoshita N, Ogawa S, Tanaka T. (2018)
Glucagonoma With Necrolytic Migratory Erythema: Metabolic Profile and Detection of Biallelic Inactivation of DAXX Gene.
J Clin Endocrinol Metab. 103(7):2417-2423.
PMID: 29688432

英文論文(症例報告)

Kawashima S, Togawa Y, Miyachi H, Matsue H. (2018)
Dermoscopic features of pseudoxanthoma elasticum.
Clin Exp Dermatol. 43: 175-9.
PMID: 29271496
Miyachi H, Hashimoto H, Suehiro K, Yamamoto Y, Ota S, Nakatani Y, Matsue H. (2018)
Aromatase inhibitor for the treatment of primary mucinous carcinoma of the skin with distant metastasis.
JAAD Case Rep. 4: 235-8.
PMID: 29687058

英文論文(総説,その他)

論文(症例報告)

井関梢, 浦崎智恵, 小熊玲奈, 外川八英, 松江弘之(2018)
膵グルカゴノーマの診断の契機になった壊死性遊走性紅斑
皮膚病診療. 40: 177-80.
小熊玲奈, 岩澤真理, 宮地秀明, 若林正一郎, 神戸直智, 矢口貴志, 西村和子, 松江弘之(2018)
Microsporum canisによる小児の頭部顔面白癬の1例
臨床皮膚科. 72: 537-42.
DOI: https://doi.org/10.11477/mf.1412205464
川島秀介, 宮川健彦(2018)
内視鏡下副鼻腔手術後に生じた眼瞼部パラフィン腫の3例
臨床皮膚科. 72: 685-92.
DOI: https://doi.org/10.11477/mf.1412205501
橋本啓代, 遠藤秀治(2018)
右前腕皮静脈穿刺時に生じたと考えた医原性橈骨動静脈瘻の1例
日皮会誌 (Jpn J Dermatol). 128: 2653-58.
DOI: https://doi.org/10.14924/dermatol.128.2653
中村 聡子, 若林 祐次郎, 小俣 渡(2018)
脂漏性角化症の病変内に生じたBowen病の1例
臨床皮膚科. 72: 1069-73.
DOI: https://doi.org/10.11477/mf.1412205591

論文(総説,その他)

松岡悠美 (2018)
「アトピー性皮膚炎における皮膚細菌叢と黄色ブドウ球菌感染症」
最新医学2018 第73巻4号 p. 551-557.
松岡悠美 (2018)
新・皮膚科セミナリウム
「2. 皮膚常在細菌叢が皮膚免疫に及ぼす影響」
日本皮膚科学会雑誌 第128巻2号 p.183-188.

単行本(分担)

外川八英(2018)
爪のダーモスコピー
外来で役立つ爪診療ハンドブック
(是枝 哲 編著).p.97-105,中外医学社,東京(2018.5)
宮地秀明,外川 八英(2018)
どうもホクロではないみたい…
皮膚科 フォトクリニックシリーズ 他科医から訊かれるこの皮膚病はなに?
(宮地 良樹 編集).P47-51,メディカルレビュー社,東京(2018.6)
外川八英(2018)
【専門医紹介の前に!一人でできる各科診療"総合診療あるある"の守備範囲がわかる!】
ほくろができた 悪性黒色腫
Gノート 5(4): 521-32. 羊土社(2018.6)

国際学会

Togawa Y (2018)
Dermoscopy Use in Japan: Indication and Diagnostic Features.
(13th Annual Meeting of the Korean Society for Skin Cancer. Feb. 10. 2018, Seoul, Korea)
Togawa Y(2018)
How to distinguish skin cancers from benign lesions.
(23th The Annual Meeting of the Korean Society for Aesthetic and Dermatologic Surgery. Feb. 11, 2018, Seoul, Korea)
Yaei Togawa(2018)
Focused session 8: Special site
Acral melanoma
(5th World Congress of Dermoscopy. Jun 14-6, 2018, Thessaloniki, Greece)
Yamamoto Y, Togawa Y, Tagashira R, Suehiro K, Matsue H(2018)
Utility in measurement of Tumor Thickness of cutaneous malignant melanoma by ultrasound.
(7th Joint Meeting of SSSR & SCUR. Oct 3-5, 2018, Asahikawa, Japan)
Yamazaki Y, Togawa Y, Suehiro K, Matsue H(2018)
Anatomical distribution of melanoma of the hand and nail in Japanese.
(7th Joint Meeting of SSSR & SCUR. Oct 4, 2018, Asahikawa, Japan)

学会報告(臨床)

若林祐次郎,小俣渡,外川八英,松江弘之(2018)
健康な成人男性に発生した多発性皮膚線維腫の1例
(第877回日本皮膚科学会東京地方会,2018年1月20日,東京都)
中村聡子,若林祐次郎,小俣渡(2018)
脂漏性角化症の病変内に生じたBowen病の1例
(第877回日本皮膚科学会東京地方会,2018年1月20日,東京都)
小川梓,青柳直樹,若林正一郎,末廣敬祐,松江弘之(2018)
左膝に生じた悪性顆粒細胞腫の1例
(第877回日本皮膚科学会東京地方会,2018年1月20日,東京都)
東山礼一,丸裕吾,岩澤真理,根本俊光,栗田惇也,町田南海男,河上牧夫(2018)
In-transit転移を伴った下顎部Merkel細胞癌の1例
(第877回日本皮膚科学会東京地方会,2018年1月20日,東京都)
浦崎智恵,秋田文,大久保倫代(2018)
多型慢性痒疹様の皮疹を呈した結節性類天疱瘡の1例
(第877回日本皮膚科学会東京地方会,2018年1月20日,東京都)
橋本 啓代,外川 八英,青柳 直樹,栗田 遼二,小熊 玲奈,岩澤 真理,末廣 敬祐,遠藤 秀治,松江 弘之(2018)
でるすこでるぱそ2018
ダーモスコピー所見にて分枝状血管や網目状血管が見られたBowen病の3例
(第34回日本皮膚病理組織学会,2018年4月21-22日,東京都)
丸裕吾, 若林正一郎, 松江弘之(2018)
菊池病の1例
(第117回日本皮膚科学会総会,2018年5月31日-6月3日,広島市)
山崎由里子, 中川誠太郎, 外川八英, 松江弘之(2018)
ヒドロキシクロロキン(HCQ)抵抗性でDDSが奏功した皮膚限局性エリテマトーデス(CLE)の1例
(第117回日本皮膚科学会総会,2018年5月31日-6月3日,広島市)
吉岡友美, 宮地秀明, 外川八英, 山路佳久, 太田昌幸, 中谷行雄, 松江弘之(2018)
学生・研修医発表セッション ポスターセッション
若年性巨大黄色肉芽腫の1例
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月3日, 広島市)
片岡晃希, 宮地秀明, 外川八英, 丸裕吾, 橋本啓代, 松江弘之(2018)
学生・研修医発表セッション ポスターセッション
不妊治療薬により発症したと考えられるStevens-Johnson症候群の1例
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月3日, 広島市)
奥山智香子,岩澤真理,外川八英,松江弘之,矢口貴志(千葉大学真菌医学研究センター)(2018)
右臀部に生じたPhialophora europaeaによるクロモブラストミコーシスの1例
(第880回日本皮膚科学会東京合同臨床地方会、2018年7月21日、東京都)
川原祐,稲福和宏,栗田遼二,岩本裕美,井上泰,山本洋輔(2018)
転移を疑ったリンパ節腫脹の評価にShear wave elastographyを用いた3例
(第33回日本皮膚外科学会総会・学術集会,2018年9月1日-2日,大阪府)
宮地秀明, 松岡悠美, 松江弘之(2018)
乾癬患者の痒みと血清IgEの関連性の検討
(第33回日本乾癬学会学術大会,2018年9月7日,愛媛県松山市)
栗田遼二, 中村聡子, 若林祐次郎, 小俣渡(2018)
左踵部に認めた肝細胞癌の皮膚転移の1例
(第881回日本皮膚科学会東京地方会,2018年9月8日,東京都)
橋本啓代, 根岸麻有子, 遠藤秀治(2018)
Stevens-Johnson syndrome without skin lesionsの1例
(第70回日本皮膚科学会西部支部学術大会,2018年11月10日,島根県松江市)
宮地秀明, 星野忠次, 松岡悠美, 宇津野恵美, 松下一之, 橋村知波, 堀内孝彦, 松江弘之(2018)
遺伝性血管性浮腫の新規遺伝子変異:分子動力学シミュレーションを用いた立体構造解析による病原性の検討
(第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会,2018年12月1日,東京都)
小熊玲奈, 川島秀介, 外川八英, 松江 弘之(2018)
ケロイド好発部位の表在型基底細胞癌に対し5%イミキモドクリーム外用を施行した2例
(第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会,2018年12月1日,東京都)
田頭 良介, 外川 八英, 青柳 直樹, 太田 梓, 松江 弘之(2018)
Folliculosebaceous cystic hamartomaと考えた1例
(第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会,2018年12月2日,東京都)

学会報告(研究)

高田紗奈美, 高屋明子, 松岡悠美, 高橋弘喜, 片山有紀, 谷口俊文, 猪狩英俊, 大曽根義輝, 下条直樹, 松江弘之 (2018)
Whole-genome sequencing for analysis of genetic diversity in a neonatal MRSA outbreak
(第91回日本細菌学会総会, 2018年3月27-29日, 福岡市)
辻 亮平、藤井敏雄、谷澤かみゆ、山田小百合、松岡悠美、金内理 (2018)
Lactococcus lactis LCM 5805経口投与による皮膚免疫賦活化および黄色ブドウ球菌感染予防効果
(第117回日本皮膚科学会総会2018年5月31日-6月2日 広島市)
藤井敏雄、藤本祟、辻 亮平、加藤悠希子、澤井典子、松岡悠美、植松智、金内理 (2018)
Lactococcus lactis LCM 5805含有食品摂取が健常な成人皮膚へ及ぼす効果
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月2日, 広島市)
山本洋輔,松坂惠介,高根希世子,福与真樹,太田聡,松江弘之,金田篤志 (2018)
悪性黒色腫におけるゲノム・エピゲノム変異
(第77回日本癌学会学術総会, 2018年9月27日-39日, 大阪市)

学会報告(シンポジウム,その他)

Yuumi Matsuoka-Nakamura(2018)
Cutaneous retention of Staphylococcus agr virulence promotes atopic dermatitis development
(The 2nd Chiba University-UC San Diego Symposium “Mucosal Immunology, Allergy and Vaccine”, March 28 2018, Chiba)
Yuumi Matsuoka-Nakamura(2018)
国際シンポジウ ム「New trends in microbiome research –微生物叢研究の新展開−」
Cutaneous retention of Staphylococcus agr virulence promotes atopic dermatitis development
(AMED-CREST「微生物叢」共催シンポジウム, 2018年5月31日, 東京都)
松岡悠美(2018)
皮膚定着黄色ブドウ球菌のゲノム進化とアトピー性皮膚炎の 発症」
マイクロバイオームと微生物ゲノム解析から見る皮膚疾患
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月2日, 広島市)
外川 八英(2018)
イブニングセミナー15 【ダーモスコピーにおける,画像撮影・画像管理と将来の展望について】
ダーモスコピー撮影のコツと新しいダーモカメラへの期待
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月3日, 広島市)
[オーガナイザー・座長] 佐藤 俊次, 外川 八英(2018)
[チューター] 若林正一郎,山本洋輔,宮地秀明 他
(実技講座)「ダーモスコピー道場 2018」
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月3日, 広島市)
外川 八英(2018)
教育講演8「専門医試験の傾向と対策:悪性腫瘍の皮膚のかたち」
ダーモスコピーの基礎知識
(第117回日本皮膚科学会総会, 2018年5月31日-6月3日, 広島市)
外川 八英(2018)
ランチョンセミナー2【Dermatoscopy’s NewApproach】
LS2-1 新たなダーモカメラによる診断へのアプローチ
(第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2018年12月1日-2日, 東京都)
外川 八英(2018)
平成30年度日本皮膚科学会 東京支部企画研修講習会
【ダーモスコピーの基本とピットフォール】「非メラノサイト病変のダーモスコピー」
(第82回日本皮膚科学会東京支部学術大会, 2018年12月1日-2日, 東京都)