研修・入局案内

入局した研修医からの声

出身地:東京都/出身大学:千葉大学

当科のモットーは「目の前の患者さんに最善の医療を提供し、将来さらによい医療が提供できるよう努力する」だと聞いていましたが、実際に働き、その内容の奥深さと面白さに充実感を感じています。

後期研修医の業務のほとんどは病棟の患者さんの診療です。グループ制で診療しており、シニアレジデント、チーフレジデント、リーダーから成っています。毎日診察と評価をし、各種検査、薬物療法、修正型電気けいれん療法、認知行動療法などの治療の選択をしながら、他科からのリエゾン・コンサルテーションの対応をしています。また、精神科特有の法律を正確に理解し遵守することにも努力しています。
患者さんは皆、何かしらの病気、つらさ、生活の困難さを抱えて入院されてきた方々です。まさしく、目の前に最善の医療を必要とする人がいて、世界の標準的な医療として何を提供すべきか、そこに収まらないことに対して何が提供できるか、どうすればその方のことをよりよく知ることができるのか、日々諸先輩方と同期の皆で、額を寄せ合って考えています。

グループ内で上下の関係が密である一方で、シニアの裁量が認められるところも多く、とてもよい職場環境であると感じます。そして何より、教授をはじめとして先生方の素敵な人柄に醸成された雰囲気が温かく、とても楽しい場所になっています。この雰囲気を気に入っていただけると嬉しいです。皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。


出身地:千葉県/出身大学:長崎大学

私は一般の大学を出た後、サラリーマンとして数年間就労し、その後医学部に入り直して、医師になりました。周りの同期に比べて随分年齢を重ねている身としては、進路の決定で特に優先したかったのは、少しでも早く一人前になることでした。

諸先輩方の共通した意見によると、精神科医として身を立てるには、臨床能力を磨くことはもちろんですが、目に見えるところで言えば、精神保健指定医と精神科専門医の資格を習得することが、非常に重要だそうです。両資格とも、「教育体制のしっかりした」「複数の」病院で研修することが強く望まれ、他の優良市中病院にも勤務できる当科の研修プログラムは、最短で確実性高く取得する条件が揃っているといえます。

また、他大出身で年齢も離れている私ですが、周囲は寛大な方々ばかりで、少なくとも私の方から感じる職場の違和感はほとんどない状態で、毎日気持ちよく働くことができています。
上級医からの適切な指導、無理のない仕事量や就業時間、多職種のスムーズな連携といった理想的な環境の中で、一緒に研修する仲間が増えることを願っています。


出身地:鹿児島県/出身大学:千葉大学

千葉大学の精神神経科では教授を筆頭にして、様々な分野を専門にして活躍されている先生方がたくさんいらっしゃいます。
病棟に入院してくる患者さんも小学生から高齢者までとても幅広く、日々諸先輩方、同期から刺激を受けながら楽しく働くことができる環境です。
コメディカルの方々も非常に優秀な方々ばかりで、患者さんに素晴らしい医療を提供できる現場だと思います。

また、私は研修医時代に“精神科コース”という精神科にやや重点の置いた千葉大学の研修コースの第一期生として、コースの立ち上げから携わらせていただき、非常にお世話になりました。この精神科コースのおかげで研修医時代から精神医学に関して勉強する場を数多く提供していただきました。
今後も精神科コースであるかないかに関わらず、多くの方々が仲間になっていただけることを楽しみにしています。


出身地:千葉県/出身大学:宮崎大学

精神科に進むと決めてから、専門医取得や大学院に進むにあたって様々な症例を経験したいと思い、千葉大学病院精神科への入局を決めました。

入局1年目は主に大学病院での病棟業務に従事させて頂いております。所属チームの先生方はとても優しく相談しやすい雰囲気で、専門的内容のみでなく基礎的な知識も丁寧に教えていただけるため、日々多くの知識を学びつつ業務を行う事が出来ております。
難治性の患者さんの場合、チーム内、カンファレンスでのディスカッションを通じて治療方針が決定されます。先輩先生方の様々な意見からは一つの疾患/プロブレムに対してEBMに基づきつつも無数の切り口を知ることになります。それらのプロセスを通じて考え方や技術を学ばせて頂きながら臨床経験を積むことが出来るのは得難い機会と考えています。
先輩先生方の下で精神科医療でのEBM実践を身につけることで、患者さんによりよい医療を提供できるようになると信じております。

精神医学ではまだ判っていない事の方が多く、今後臨床においても、研究においても本当に必要とされる領域と考えています。千葉大学病院精神科の雰囲気の良さと指導・サポート体制は特筆すべきものであり、先輩・同期のスタッフが多いことも大きな助けになっています。仲間と一緒であれば大抵の苦労は乗り越えられると思っています。
私は臨床研修では可能な限り多くの診療科での研修をさせて頂いたのですが、その上で千葉大学精神科の環境の良さは随一と自信を持って言うことができます。皆さまを歓迎できる日が来るのを楽しみにしています。


出身地:千葉県/出身大学:秋田大学

千葉大学精神科での後期研修は毎日が新しいことの連続で飽きることがなく、日々楽しい気持ちで頑張っています。

後期研修医の業務は、基本的に病棟業務が中心になります。5-6人の担当患者さんの主治医となり、診断を行ったり、治療方針を決めたり、日々の診療を行うわけなのですが、当院はチーム制で診療にあたっているため、いつでも上級医の先生方に患者さんの治療についての相談をすることができます。なので、自分一人で途方に暮れる・・・といった事がなく、安心して診療に当たることができます。
また、チームの先生方の診察場面を拝見させて頂く機会も多く、「こういう診察の仕方があったのか・・・」と目から鱗が落ちることもしばしば。

週一日の外勤業務は、総合病院の精神科外来や精神科クリニックの外来業務など、忙しくはありますがやりがいのある物ばかりです。大学病院ではなかなか出会うことのない疾患の患者さんの治療など、勉強することも多いです。悩むことも多いですが、外勤先にも上級医の先生がいらっしゃいますので、安心して診療にあたることができています。
当直はおおむね月2-3回ほど。病棟のトラブルと、かかりつけ患者さんからの連絡に対応します。こちらも最初は上級医の先生と一緒に担当します。夜間に不測の事態が起きた時の対応など、当直ならではのトラブルへの対処法を直に学ぶことができ、とても有意義な当直だと思います。

千葉大学精神科には様々な分野のエキスパートの先生が揃っており、自分が興味を持った分野をとことんまで勉強することができます。興味をもたれた方は、是非一度見学にいらっしゃってください。


出身地:千葉県/出身大学:岐阜大学

私は昨年度まで松戸市立病院で初期研修ならびに内科研修をしていました。

こちらへ入局したのは地元が千葉県内だからというのが直接のきっかけでしたが、説明会や病棟見学でお邪魔させて頂いた時に、若々しくて活気があり仕事をしやすそうに感じられたのが印象に残っています。
実際に身を置いてみると、指導体制が充実しているのはもちろんのことですが、何よりも診療内容が多くの医師による様々な観点からの考察を受けており、現時点で考えうる最もふさわしいであろう医療を提供できる点が素晴らしいと思います。
また経験できる分野が児童やリエゾン・コンサルテーションを含めて精神科全体に渡っていることも利点かと思います。

他の選択肢を検討せずにこちらへ入局してしまったのですが、おそらく間違いはないのだろうと思っています。また新たに入局される方々にとってもそう思っていただけるよう、自らもこの充実した環境の中で研鑽を積んでいきたいと思っています。
ともに学びながら診療に当たってゆく仲間が増えることを、楽しみにしています。


出身地:茨城県/出身大学:千葉大学

2年間の初期研修後、母校である千葉大学の精神神経科に入局いたしました。入局初年度に引き続き、2年目となる本年も大学病院で研修をさせていただいています。

私は初期研修では内科中心に選択したため、入局後すぐに病棟主治医としてやっていけるのか、不安でいっぱいでした。しかしそんな心配とは裏腹に、病棟では常に上級医に分からないことを聞ける環境で(グループ体制なので、毎日必ず教えてくれる上級医がいます!)、手とり足とり教えていただき、精神科医として本当に恵まれたスタートを切れました。大学という環境で、多くの医師の指導を受けることで今後もバランスの良い精神科医に成長できるのではないかと思います。

その他カンファレンスでは各分野の専門家に気軽に意見を聞くことができたり、認知行動療法に関してもスーパーバイズを受け、体系的に身につけることができたりと、基礎だけなく、発展的な内容も扱えます。

担当する症例も、精神病圏から神経症圏、児童思春期や器質など多岐に渡り、様々な経験を積むことができます。皆様とぜひ一緒に働けたらと思います。