患者の皆様へ

ページタイトル画像

外来診療のご案内(担当表)

受診するには?

一般外来は月曜・火曜・木曜の午前中で、紹介状がなくても受診できます。
初めて受診される方は午前11時00分から午後1時00分の間に正面1番窓口で受付をしてください。

緊急の場合は、あらかじめ電話連絡をいただければ24時間対応をしております。
代表電話(043-222-7171)より時間内(平日9:00-17:00)は小児外科外来、時間外は救急外来に連絡をお願いいたします。

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンは現在診療を受けている主治医以外の専門医から「第二の意見」を聞くものです。

小児外科で取り扱う病気は小児特有の疾患であり、高い専門性を必要とすること、治療後の「成長」を考慮した手術を選択する必要があること、進歩の著しい医学領域であることなどから、複数の医療施設、あるいは医療者の意見を求めることはよりよい治療を選択する手助けになり得ます。

特に小児がんでは治療に大きなリスクを伴い、しばしば致命的になることがあります。小児がんの手術もその例外ではなく、疾患の特徴や悪性度によりリスクを伴う手術でも選択されるべき時もあれば、手術を回避した方が良策の場合もあります。

セカンドオピニオン外来のご案内

当科では多くの小児外科疾患(小児悪性固形腫瘍、胎児診断された新生児外科疾患、ヒルシュスプルング病、鎖肛、炎症性腸疾患など)に対応したセカンドオピニオン外来を開設しています。必要により複数の診療部門の専門医によるセカンドオピニオンの提示も可能です。

当科医師によるセカンドオピニオンを希望される場合は、その旨を必ず現在の主治医にお伝えして、主治医から診療情報を提供していただくようお願いいたします。また、他の医療機関の医師によるセカンドオピニオンについても、可能な範囲で情報提供をいたします。

外来担当表

-
午前 齋藤 小松 (担当医)   (担当医)
中田 菱木 照井
午後 齋藤 小松 照井
中田 菱木

スタッフの専門分野

菱木知郎(教授) 小児固形腫瘍、腹腔鏡下手術、新生児外科
齋藤 武(准教授) 肝胆道系疾患、肝移植、炎症性腸疾患、消化管機能、腹腔鏡下手術
照井慶太(講師) 肝胆道系疾患、新生児外科、小児泌尿器疾患、外科代謝栄養
中田光政(助教) 新生児外科、消化管内視鏡、腹腔鏡下手術、小児固形腫瘍
小松秀吾(助教) 外科代謝栄養、新生児外科、腹腔鏡下手術、小児固形腫瘍