千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
診察を希望される方へ
診察を希望される方へ

鍼灸外来のご案内

お願い
※現在お申し込みが非常に多く混雑しているため、お申込みいただいたすべての患者様をご案内することが出来ません。
また、お書き頂いた内容によっては紹介状の有無を問わず関連鍼灸師の案内など受診のご案内以外の返信をする場合もありますので予めご了承ください。
●お電話での予約やお問い合わせには応じられません。ご協力をお願い致します。
●お手紙・FAXをご送付いただいた患者様へのご返信は手紙で行っております。また、ご返信には到着してから10日前後のお時間を頂いております。
●現在受診までにおおよそ3カ月~4カ月お待ち頂くこともございます。また、お申し込み頂いてもご希望に沿えない場合がございます。

鍼灸(しんきゅう)とは

鍼(はり)や灸(きゅう)を用いた刺激を身体に与えることにより、様々な症状の改善を目的とする治療方法です。

漢方薬と同様に、人のもつ自然治癒力を引き出しながら、病気を治す一方、体質を改善する力にも優れています。

もともと効果があるとされていた肩や腰など痛みの改善に加えて、最近では様々な研究報告があります。冷え性や食欲不振の改善を目的とした自律神経の調整作用、さらには免疫力向上など予防医学としても注目されています。

また、湯液(漢方薬)と鍼灸は昔から車の両輪に例えられています。身体の内(漢方薬)と外(鍼灸)の両方から治療することにより、相乗効果が期待できます。

千葉大学医学部附属病院和漢診療科では、鍼灸治療を通して、みなさまの健康増進に貢献できると考えています。

鍼(はり)

「はり」と聞くと痛いイメージをお持ちの方が多いと思いますが、鍼灸外来で使用する鍼には刺す鍼(※1など)と刺さない鍼(※2、※3など)があります。これらの鍼は、鍼灸師が患者様の症状や体質に合わせて適切なものを選択しています。

刺す鍼:ごうしん(※1)の直径は0.2ミリ程度と髪の毛位の細さです。刺されたときは何も感じないか、少しチクッとした感じがする程度で、使い捨てのものだけを使用しています。

刺さない鍼:ていしん(※2)は皮膚を軽くこすったり押したりして使用します。だしん(※3)はお腹などをトントンと優しく叩いて使用します。

  • 毫鍼(ごうしん)
    写真左 (※1)
  • 鍉鍼(ていしん)
    写真中央(※2)
  • 打鍼(だしん) 
    写真右 (※3)

写真 鍼

灸(きゅう)

「きゅう」には直接灸(※3、※4など)と間接灸(※5など)があります。どの灸も昔のような火傷跡が残るものではありません。鍼と同じく灸の種類も、鍼灸師が患者様の症状や体質に合わせて選びます。

直接灸:とうねつきゅう(※3)は瞬間的な熱さのみで快痛ともいえる心地よさです。

関接灸:ちねつきゅう (※4)は、もぐさが7~8割燃えたところで火を消したり、患者様が熱く感じたところで取り去ります。だいざきゅう(※5)はじんわりと持続的な温かさがあります。

  • 透熱灸(とうねつきゅう)
    写真左 (※3)
  • 知熱灸(ちねつきゅう)
    写真中央(※4)
  • 台座灸(だいざきゅう)
    写真右 (※5)

写真 灸

診療の流れ

※鍼灸外来受診には事前に別日程での和漢診療科の受診が必要です。
 初診・再診ともに45分ほどの治療時間になります。

  1. 和漢診療科外来にて受付後、問診票をお書きください。
  2. 担当鍼灸師による問診や鍼灸についての説明があります。
  3. 施術着に着替えます。
  4. 施術の開始です。

外来担当鍼灸師

 
午前 森田智   橋場則昭 山内清敬  
午後          

施術料 5,400円(税込)
*鍼灸外来は自由診療です。鍼灸外来を受診される日は、すべての保険診療(診察、検査、処方など)を受けることができません。あらかじめご了承ください。

適応のある症状

◆WHO(世界保健機関)による鍼治療が有効とされる疾患の暫定リスト

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、
中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、
急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、
胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、
下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、
肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

◆その他、鍼灸の適応症として以下のものが挙げられています。

【運動器疾患】肩こり、五十肩、頚椎症、変形性膝関節症、腱鞘炎、テニス肘 etc.
【呼吸器疾患】過呼吸症候群、神経性咳嗽、風邪による諸症状の緩和 etc.
【消化器疾患】消化性胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、過敏性大腸症候群痔疾、食欲不振 etc.
【疼痛性疾患】頭痛、坐骨神経痛、術後疼痛、ヘルペス後神経痛、三叉神経痛 etc.
【循環器疾患】低血圧症に伴う諸症状、冷え症、本態性高血圧症 etc.
【泌尿器疾患】過活動膀胱、インポテンス、失禁症 etc.
【産婦人科系疾患】月経異常、更年期障害、逆子、不妊 etc.
【感覚器系疾患】仮性近視、眼精疲労(疲れ目・ドライアイ等)、耳鳴り、難聴 etc.
【小児疾患】夜尿症、小児神経症、小児消化不良症 etc.
【その他】不眠症、肥満症、自律神経失調症、片麻痺、顔面神経麻痺、アレルギー疾患 etc.

鍼灸外来のご案内

初診・再診ともに予約制のため、受診を希望される方はまずお手紙かFAXにて必要事項をお申し込みください。折り返し、お手紙にて返信をいたします。(皆様を丁寧に診察させていただくために、一日あたりの初診患者数を調整させて頂いております。)

なお紹介状の有無にかかわらず、鍼灸外来は一度和漢診療科外来での診察が必要となりますので予めご了承ください。

  • 氏 名(年齢および性別)
  • 郵便番号
  • ご住所
  • 電話番号
  • 鍼灸でどのようなところを治してほしいか
    (その他、病名・病状・病歴などわかる範囲でお書きください)
  • 初診日で都合の悪い日
  • 他院の紹介状の有無と紹介元病院名・診療科名
  • 千葉大病院の診察カード番号(当院受診歴がある場合)
  • 当院他科通院中の場合、その診療科名
お送り先
〒260-8670 千葉市中央区亥鼻1-8-1
FAX:043-226-2985
千葉大学大学院医学研究院 和漢診療学 予約係

※個人情報保護の観点から、FAXでお申し込みいただいた方でも、こちらからの返信・連絡はすべて手紙になりますので、ご住所は必ずお書き下さい(FAXでの返信は出来ません)。

●紹介状について

  • これまでの治療経過を把握することがより良い医療につながりますので、可能な限り現在の主治医に、紹介状を頼んでみてください。
  • 紹介状をお持ちの方は、診察当日にお持ち頂きますようお願いいたします。なお当日のご持参がない場合、保険外併用療養費制度に基づく初診に係る特別の料金として、10,800円を自費でお支払いいただくことになりますので、ご了承ください。
トップページへ戻る