千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
診察を希望される方へ
診察を希望される方へ

よくあるお問い合わせ

Q. 現在掛かっている医院や病院と千葉大学和漢診療科に同時に掛かっても良いのでしょうか。

A. 現在の主治医の先生と両方にお掛かりになるのが理想です。このような場合には、私どもから漢方薬を処 方し、 現在服用中の薬を減らして頂くなど、主治医の先生と連絡を取らせて頂きますので、ご安心下さい。

Q. 漢方薬は長く服用しないと効かないのでしょうか?

A. もちろん病気の種類や症状の軽い重たいにもよりますが、幾分かの効果は2‐4週間で現れます。その後は3ヶ月ですっかり良くなることもあれば、数年間、服用を必要とすることもあります。

Q. 生薬を調合した漢方薬は高価ではないでしょうか?

A. 千葉大学医学部附属病院は保険医療機関です。生薬を調合した漢方薬も保険が効きますので、医療費の3割負担で済みます。平均して漢方薬4週間分の負担は8千円前後です。一日分300円位です。ただし、この他に血液やレントゲン検査などを行なった場合には、この検査料の3割負担を別途、ご負担頂くことになります。

Q. どんな病気の人が受診していますか?

A. 和漢診療科に是非お出で頂きたい患者さんは次のような方々です。

  1. 西洋医学の診断で異常がないと言われるが、体調が優れない。冷え症状、頭痛、めまい感、原因不明の痛みやしびれ、虚弱体質にお悩みの方。
  2. 西洋医学の治療を受けているが、クスリの副作用などのため十分な効果が得られない。関節リウマチ、アトピー性皮膚炎、花粉症などの方。
  3. 西洋医学的に診断が付いているが有効な治療法が見あたらない。たとえば、慢性腎不全で透析には至らないが、次第に悪化傾向にある方。
  4. 病気がみつかり、手術を受けたのに相変わらず症状が残っている方。

トップページへ戻る