千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
千葉大学 大学院医学研究院 和漢診療学講座
和漢診療学講座について
和漢診療学講座について

和漢診療学が目指すもの

和漢診療学講座とは〜その目指すもの

千葉大医学部附属病院

千葉大学和漢診療学講座は、2005年4月に誕生した新しい講座です。しかし、そのルーツは古く、戦前から始まった学生サークル「千葉東洋医学研究会」にさかのぼります。多くの方々は驚くかも知れませんが、この歴史が実は日本において東洋医学(漢方医学)というものが大学アカデミズムと出会った最初の歴史となります。和漢診療学は初代教授・寺澤捷年先生が提唱した診療学です。和漢診療学とは東洋医学と西洋医学、それぞれの短所を補い、長所を活用してよりよい医療を提供することであります。

現代医療に、東洋の物の見方や治療法を加え、新しい時代の治療学の確立を目指しています。我々は和漢診療学のこの目標を達成すべく千葉大学大学院医学研究院和漢診療学講座(臨床研究部門)と千葉大学医学部附属病院和漢診療科(診療部門)とが一体となり、新時代の医療を背負う医師の教育、漢方医学の科学的裏付け研究を推し進めるとともに、西洋医学と東洋医学の融合した最善の医療の提供を目指していきます。

トップページへ戻る